エアデール・テリア1

今回は、エアデール・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

エアデール・テリアの歴史

エアデール・テリアの起源は、イギリスのヨークシャーであると言われています。

別名「テリアの王様」と呼ばれており、テリア種一番の大柄さから荘厳な佇まいが伺えます。

水ネズミやキツネなどを狩る能力に長け、漁師やその家族との暮らしに深く根付いていました。

特に水辺での活躍を重宝され、豊かな毛量や毛質から当時の名残も感じられます。

18世紀以降はショードッグとして更に洗練されていき、現在の優れた容姿へと進化しました。

現在でも大型な体躯を生かした狩猟が高く評価されていると共に、家庭犬や警察犬としても人々に愛されています。

エアデール・テリアの特徴や性格は?

エアデール・テリア2
原産地:イングランド(イギリス)
起源:19世紀
元来の役割:アナグマ狩り、カワウソ狩り
現在の役割:護衛犬、警備犬
体高(雄)インチ(cm):23(58)
体重(雄)ポンド(kg):45(20)
体高(雌)インチ(cm):23(58)
体重(雌)ポンド(kg):45(20)

エアデール・テリアの特徴

四肢が胴より長く、折れた耳や、多くの場合切断された尾がトレードマークです。

体高は約58㎝、体重は約20kgと大型であるエアデール・テリアは、テリア種の中で最大の体格を誇ります。

鋏状咬合の歯並びをしており、丈夫な歯を持っています。

体に沿って密生した体毛は、ところどころウェーブがかかっていたり触り心地も様々です。

エアデール・テリアの毛色は、ブラウン&ブラックなど2色が基本となっており、頭・耳・脚がブラウン~橙褐色、他の部位はブラック~アッシュブラックと明確に色分けされています。

エアデール・テリアの性格

テリア種はみんな好奇心旺盛で遊び好きですが、エアデール・テリアもその気質をおおいに受け継いでおり、活発で元気いっぱいです。

テリア種の中で一番しつけの飲み込みが良いとも言われていますので、飼い主の指示にしっかり従うことが出来、また様々な芸や実践をすることからも、たいへんな器用さも持っています。

見慣れた人や動物へ人懐っこく接してくれる事や、番犬として守ってくれる勇敢さもあり、家庭犬としての需要も高い事が頷けます。

同じ大型タイプの犬種よりはエアデール・テリアよりも小柄な動物との方が相性はいいです。

エアデール・テリアの飼い方

毎日元気いっぱいに遊ぶ事が大好きですので、コミュニケーションを兼ねて散歩させたりドッグランで遊んであげたりと、積極的に外へ繰り出しましょう。

また、寒さにあまり強くないので、冬場は家庭内でしっかりと体を動かせる環境が必須です。

狩猟犬の名残から、何かを追い掛ける事にも優れていますので、ボール遊びや鬼ごっこなど一緒に遊んであげただけ、信頼関係が深まっていきます。

エアデール・テリアの体毛は1週間に2、3回はブラッシングをしてあげると共に、最低2ヵ月に一度はトリミングをお願いしましょう。

エアデール・テリアの健康面の注意点

遺伝性疾患がある場合、股関節形成不全の可能性があります。

また、後天的な疾患として他のテリア種と同じく皮膚炎にかかる可能性もありますので、常に清潔に保ってあげる事が大切です。

皮膚炎は、アレルギーを持っている場合もありますし、栄養が偏っている場合もありますので、飼い主がまずエアデール・テリアへの知識を深めておくことも大事です。

時折内臓の病気にかかる事もありますので、普段と少しでも違う挙動を見つけたら早めに動物病院にかかりましょう。

エアデール・テリアの寿命は13年前後と言われています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:股関節形成不全
気をつけたい病気:胃捻転、皮膚疾患
たまにみられる病気:特になし
しておきたい検査:股関節検査
寿命:10〜13歳