バーニーズ・マウンテン・ドッグ1

今回は、バーニーズ・マウンテン・ドッグの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの歴史

スイスを原産国とするバーニーズ・マウンテン・ドッグは、とても活力みなぎる大型犬として、アルプスの大自然や人々と共に2000年以上以前から生息していました。

牧羊犬、番犬、護衛犬、山岳使役犬など多くの作業を効率よくこなし、山岳地での生活にたいへん適した犬種として重宝されてきました。

19世紀頃、次第に頭数が激減し一時は絶滅寸前となってしまいましたが、スイス大の教授が種の復活に尽力すると共に、ヨーロッパ全土へと認知度を高め、広まっていきました。

現在では世界中で大変大人気の犬種となっています。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの特徴や性格は?

バーニーズ・マウンテン・ドッグ2
原産地:スイス
起源:古代
元来の役割:牽引き犬
現在の役割:伴侶犬
体高(雄)インチ(cm):25-27.5(64-67)
体重(雄)ポンド(kg):90-120(41-54)
体高(雌)インチ(cm):23-26(58-66)
体重(雌)ポンド(kg):70-100(32-45)

バーニーズ・マウンテン・ドッグの特徴

体高は約63㎝、体重は約45kgの大型犬で、長く艶やかな体毛と健康的な容姿をしています。

カラ―はブラック、ブラウン、ホワイトのトライカラーとなっており、がっしりとした体格をしています。

どっしりとした四肢は太く、荷物を引いたり家畜を見守ったりと様々な場で活躍する体力やスタミナを持ち合わせています。

バーニーズ・マウンテン・ドッグは軽やかな足取りで歩き、堂々とした動作で穏やかな顔つきをしています。

マーキングはすべて左右対称になっています。耳と尾は垂れていて、愛らしい容姿を引き立てています。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの性格

穏やかで飼い主に従順です。忠誠心を強く持ち、しつけの飲み込みが大変早く、様々な物事を楽しんで行うことが出来ます。

飼い主や家族の事を心の底から信頼し、愛情いっぱいに接してくれますが、とても寂しがりな犬種ともいえます。

バーニーズ・マウンテン・ドッグはおおらかな性格をしていますが、見知らぬ人や犬種に対し強い警戒心を抱き、激しく吠えたり時には噛みついたりと時には問題を起こしてしまう場合もあります。

人の感情や表情を繊細に見極めることが出来、飼い主の気持ちに寄り添い過ごす事を望んでいます。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの飼い方

極寒のスイスに適応してきた犬種ですので、大変寒さに強い反面、日本の夏の暑さはとても苦手としています。

時には熱中症にかかってしまう事もありますので、飼育は家屋内で行うことをおすすめします。

バーニーズ・マウンテン・ドッグは家族と過ごす事を心から喜びますので、精神衛生を保つためにも一緒に過ごす時間を毎日多く持ってあげましょう。

幼い頃は活発に動き回りますが、1歳を過ぎた頃から穏やかになり、家庭犬に十分な素質へと変化していきます。

毎日1時間以上の運動や散歩を行いしっかりと体を動かす事をおすすめします。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの健康面の注意点

股関節の弱い個体が多い犬種ですので、生まれた時からよく観察し注意が必要です。

肥満に陥りやすいので、体を健やかに保つために食生活や運動量に気を付けてあげましょう。

胃捻転が起こりやすい体質であることから、食後は一定時間を静かに過ごさせてあげてください。

また、肘関節形成不全や進行性網膜委縮症に加え、垂れ耳が原因となる耳の炎症を起こす可能性があります。

日頃からケアをしっかりと行いましょう。バーニーズ・マウンテン・ドッグは熱射病を引き起こす場合もあるため、夏場は涼しい時間帯のみ運動させましょう。

寿命は約11年といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:股関節形成不全、肘関節形成不全
気をつけたい病気:胃捻転、進行性網膜萎縮症
たまにみられる病気:特になし
しておきたい検査:股関節検査、肘関節検査、眼科検査
寿命:9〜11歳
その他:熱射病に注意