ケアーン・テリア1

今回は、ケアーン・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ケアーン・テリアの歴史

スコットランドの島で生息し、テリア種のなかでも、もっとも古い歴史を持つ部類に属しています。

狩猟犬として優れており、キツネやカワウソの狭い巣穴へ侵入し、狩りをする際に重宝されていました。

19世紀までカラーは様々でしたが、その後ケアーン・テリアを確立するために交配は慎重に行われ、イギリス内でたいへんな人気となりました。

その人気の高さから、オズの魔法使いのトト役として出演しています。

テリア種の中でも原型を色濃く保っているといわれており、恵まれた性質は今も受け継がれています。

ケアーン・テリアの特徴や性格は?

ケアーン・テリア2
原産地:スコットランド(イギリス)
起源:中世
元来の役割:害獣駆除
現在の役割:アースドッグ競技
体高(雄)インチ(cm):10(25)
体重(雄)ポンド(kg):14(6)
体高(雌)インチ(cm):9.5(24)
体重(雌)ポンド(kg):13(6)

ケアーン・テリアの特徴

ジャパンケンネルクラブでの基準は、体高30㎝前後、体重7kg前後とされています。

体毛は粗い毛質をしており、二重構造になっています。

クリーム、レッド、サンドなど様々なカラーをしていて、個体によってそれぞれの可愛らしさを誇っています。

テリア種の中でも頭部の大きさがしっかりとしているので、頑丈な顎を持っています。飾り毛がふわふわと顔全体にある事から、穏やかな表情に見受けられます。

ケアーン・テリアはその愛くるしい姿形が世界中で支持されており、また日本国内でもたいへんな人気があります。

ケアーン・テリアの性格

冒険心に溢れ、喜んで散歩や遊びを楽しんでくれます。

基本的には飼い主に忠実ですが、少々頑固な一面もありますので、しつけはしっかりと行いましょう。

夢中になると途中で物事を止める事が出来ないため、時には訓練が必要かもしれません。

覚えは良いですし、飼い主の指示を全うし褒められる事に喜びを感じます。個体差はありますが、ケアーン・テリアは家庭内において他の犬種や幼い子供と上手く馴染めないタイプもいるようです。

狩猟犬の名残りから、穴を掘ったり吠えたりする場合もありますので、性質をよく見極め接していきましょう。

ケアーン・テリアの飼い方

体は小さ目ですが、毎日30分以上の散歩や運動が必要です。

屋内だけで飼育する場合は、毎日しっかりと体を動かせるスペースが必須です。
屋内での飼育がおすすめです。

ケアーン・テリアの毛は櫛通りがあまり良くありませんが、丁寧にブラッシングをしてあげてください。週に1、2度が目安です。

顔の飾り毛は食事などで汚れやすくなっていますので、清潔に保てるようにケアが大切です。

トリミングは一般的なハサミなどですと皮膚が炎症してしまう可能性がありますので、プロにお任せした方がいいかもしれません。

ケアーン・テリアの健康面の注意点

昔からの姿形を受け継ぎ、交配が少なかったケアーン・テリアですから、遺伝性の疾患はなく、丈夫な犬種としても有名です。

ストレスや皮膚への刺激物によって、皮膚のトラブルが起こる可能性があります。
また、顔全体に目が密生しているため、眼の病気にも気を付けましょう。

時折みられる病気として、フォンウィルブランド病やレッグ・カルベ・ペルテス病が挙げられます。

気になる事があれば、早めに動物病院へ相談してください。ケアーン・テリアの寿命は15年といわれており、長寿の犬種ともいわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:皮膚疾患、緑内障
たまにみられる病気:フォンウィルブランド病、レッグ・カルベ・ペルテス病
しておきたい検査:特になし
寿命:12〜15歳