キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル1

今回は、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの歴史

代々続くイギリス王室にて元々スパニエル種は人気がありましたが、交配を重ねて少しずつ姿形を変えてきました。

元々は人々の膝の上で温かさを分け与える役割や、豊かな毛並みの中にノミを引きつける事によって、害虫から人々を守る役割を持っていたようです。

一時は、流行から外れてしまったために注目されなくなってしまいましたが、19世紀を過ぎたあたりで復活を試みたことで、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが再び安定して生まれるようになり、現在では広く人々に愛される犬種となっています。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴や性格は?

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル2
原産地:イングランド(イギリス)
起源:17世紀
元来の役割:小型の鳥を飛び立たせること、愛玩犬
現在の役割:愛玩犬
体高(雄)インチ(cm):12-13(30-33)
体重(雄)ポンド(kg):13-18(6-8)
体高(雌)インチ(cm):12-13(30-33)
体重(雌)ポンド(kg):13-18(6-8)

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴

体高は33㎝前後、体重は7kg前後と軽量ですが、艶やかで豊かな毛並みから堂々とした風格があります。

容姿の美麗さ同様に佇まいや仕草のひとつひとつがチャーミングなことから、熱烈な愛好家がたいへん多い犬種です。

胴体がやや長く、丈夫な骨格をしているキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、身のこなしが上品かつ穏やかです。

毛並みも美しく、目元や耳などパーツによって色が異なりますが、明確で華やかな色合いをしています。

脚や胸元に飾り毛が生えており、これらは成犬になると見目をより綺麗にしてくれます。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格

見た目通りのチャーミングさや愛嬌を持ち合わせており、おっとりとしていますが他の犬種や見慣れない人ともうまく関わる事が出来る社交性も秘めています。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、昔から飼い主との距離感を密接に保っていましたので、現在でも飼い主やその家族へたいへん愛情深く接してくれます。

人に触れられる事を何よりの喜びとしますので、毎日しっかりと触れ合ってスキンシップをはかってあげましょう。

家庭内では物静かに過ごす事も可能ですので、屋内での飼育に向いています。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの飼い方

適度な運動が必要です。毎日最低30分は散歩に連れ出してあげましょう。屋内飼育がお勧めです。

室内でも適度に運動させられるスペースがあると、ストレスフリーに過ごせます。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは飼い主との交流を一番喜んでくれますので、家庭内でのちょっとしたゲームや遊びを一緒にしてあげましょう。

やや癖のある毛並みを清潔に保てるように、できれば毎日のブラッシングを欠かさず行ってあげて下さい。

腰に負担が掛からないように足場の安定したスペースを確保すると、健やかに成長していくことが出来ます。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの健康面の注意点

遺伝性の病気として、僧帽弁閉鎖不全や股関節形成不全が挙げられます。

改良を重ねられたために、頭蓋骨が他よりも大きく体の機能の一部を妨げてしまうために起こる病気や、鬱血性心不全など内臓周辺の病気にかかる個体も多くいます。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは遺伝性の疾患に加え、年齢を重ねていくにつれて様々な疾患にかかる可能性が高くなっていきますので、日頃から気になる事があれば早めに動物病院へ連れて行きましょう。

耳や目元は常に清潔にしてあげることで、病気の予防にも繋がります。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:僧帽弁閉鎖不全、股関節形成不全
気をつけたい病気:膝蓋骨脱臼、眼瞼内反症、停留睾丸、皮膚疾患
たまにみられる病気:てんかん
しておきたい検査:心臓機能検査、関節検査
寿命:9〜14歳
注意:5歳未満での交配はしないほうがよい。交配時には僧帽弁疾患の検査をすること。