チェサピーク・ベイ・レトリーバー1

今回は、チェサピーク・ベイ・レトリーバーの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーの歴史

アメリカ合衆国を原産とするチェサピーク・ベイ・レトリーバーの起源は諸説ありますが、アメリカの東海岸の沖合にてイギリスの船が遭難した際、助かったニューファンドランドの仔犬たちが祖先であるとする説が有力のようです。

その後交配を重ねるにつれて独自の犬種として進化を遂げ、19世紀前後から回収犬や狩猟犬として活躍していきました。

特に、氷が張るほど冷たい海水の真上で撃ち落された鳥を的確に捉え、岸まで運ぶ回収犬としてたいへんな活躍を果たし人々の間へ広まっていきました。

現在では家庭犬としての人気も安定しています。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーの特徴や性格は?

チェサピーク・ベイ・レトリーバー2
原産地:アメリカ合衆国
起源:19世紀
元来の役割:水中回収犬
現在の役割:水中回収犬、回収競技、愛玩犬
体高(雄)インチ(cm):23-26(58-66)
体重(雄)ポンド(kg):65-80(29-36)
体高(雌)インチ(cm):21-24(53-61)
体重(雌)ポンド(kg):55-70(25-32)

チェサピーク・ベイ・レトリーバーの特徴

チェサピーク・ベイ・レトリーバーの体高は約60㎝、体重は約32kgとがっしりした体格をしています。

回収犬として高い評価を得てきた事から、現在でも脚指の間に水かきを持っています。

体長は少々長めで頑丈な四肢を持っており、歩く姿はとても堂々として優雅な佇まいをしています。

体毛は少々ウェーブしていますが全体的にラブラドール・レトリーバーと見間違われる事も多々あります。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーの体毛はセッジ、チョコレート、ブラウンなど茶系の色合いをしていて、艶やかな光沢があります。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーの性格

狩猟犬や番犬として活躍してきた名残りとして、警戒心が強く周囲を監視して臨機応変に対応する性質や、飼い主やその家族に尽くし守ろうとするような、たいへん責任感ある犬種です。

日頃は人に寄り添い、温厚な眼差しで見守ってくれる事から伴侶犬としての人気も高くあります。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーは他のレトリーバーと同様、家庭では行儀よく振る舞い、屋外では元気いっぱいに遊ぶ状況判断能力も優れています。

幼少期からしっかりとしつけを行うことで、より柔軟な対応ができる様になっていきます。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーの飼い方

泳ぐことがとても得意ですので、毎日の散歩に加えて週に何度かは水泳も楽しませてあげましょう。

散歩は毎日1時間以上たっぷりと歩き、時には一緒にゲームをしたりスキンシップをはかったりすると喜んでくれます。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーは飼い主やその家族との時間を何よりも大切にしますので、毎日一緒の室内で眠る環境を作ってあげましょう。

見知らぬ人や動物に自分から攻撃することはありませんが、警戒を怠らず距離を置いて様子を伺い、番犬としても優秀です。

多頭飼いにも向いています。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーの健康面の注意点

遺伝性の疾患として股関節形成不全が挙げられます。

そのほかに、年を重ねていくにつれて内臓疾患や目の病気にかかる可能性があります。

とくに目疾患は複数あり、進行性網膜委縮症や眼瞼内反症などを患う場合がありますので、定期的に動物病院で検査を受けることをおすすめします。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーは優れた体格をしていますので基本的には丈夫ですが、運動量が多い犬種ですので関節を痛めやすく、注意が必要です。

チェサピーク・ベイ・レトリーバーの寿命は13年前後とされており、年々長寿の傾向にあります。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:股関節形成不全、胃捻転
気をつけたい病気:進行性網膜萎縮症
たまにみられる病気:眼瞼内反症、肘関節形成不全
しておきたい検査:股関節検査、眼科検査
寿命:10〜13歳