チャイニーズ・クレステッド・ドッグ1

今回は、チャイニーズ・クレステッド・ドッグの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの歴史

中国を原産国とするチャイニーズ・クレステッド・ドッグは、起源がはっきりと分かっていませんが、長い間愛玩犬として大切に飼育されていました。

そのほかに家庭内のネズミを駆除する役割も担っていましたが、他国の商人との取引にも利用されていたようです。

そのため、中国では戦時中に次々と犬たちを一掃してしまいましたが、他国に渡った個体のお蔭で絶滅せずに済みましたので、次第に頭数を復活させる事が出来ました。

今現在では多くのファンを持つ犬種として有名で、ドッグショーや家庭での需要が世界中で高まっています。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの特徴や性格は?

チャイニーズ・クレステッド・ドッグ2
原産地:中国
起源:13世紀
元来の役割:ネズミ捕り、愛玩犬、珍品
現在の役割:愛玩犬
体高(雄)インチ(cm):11-13(28-33)
体重(雄)ポンド(kg):5-12(2-5)
体高(雌)インチ(cm):11-13(28-33)
体重(雌)ポンド(kg):5-12(2-5)

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの特徴

チャイニーズ・クレステッド・ドッグはヘアレス犬種に属し、ヘアレスタイプとパウダーパフタイプの2種類に分類されます。

ヘアレスタイプは全身の体毛がなく、頭部や足、尾のみに飾り毛が生えています。

そのいで立ちの神々しさから中国では麒麟に似ているとされ、珍品として扱われてきました。

体を保湿したり寒さから守ったりと、様々なケアが必要です。

パウダーパフタイプは全身を長めの体毛で覆われており、たいへん柔らかく綺麗な毛質をしています。

どちらも体高は約30㎝、体重は5kg前後とされ、小柄で華奢な体格をしています。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格

引っ込み思案で大人しい性質ですので、散歩の際や初対面の人と合わせる際は物事に驚かせないよう温かく接してあげましょう。

多頭飼いの場合、幼少期から馴染ませる事で克服できますが、成犬になった後ですとずっと距離を保つ可能性もあります。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグはとても愛情深く、一緒に暮らす飼い主を一番の心の支えとしていますので、毎日声を掛けたりスキンシップを欠かさず行うと良いでしょう。

一緒に遊ぶ事も好きですから、玩具を使ったり簡単なゲームを通して信頼関係を深める事も出来ます。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの飼い方

とても寒さに弱く、冬場は衣服が欠かせないため、屋内での飼育をお勧めします。

温かな気候の場合は屋外での散歩を一緒に楽しむ事もでき、一日約30分前後で十分良い運動量になります。

また、完全家庭飼育も可能ですので、家の中だけで遊ぶ運動量で事足ります。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグはジャンプ力があり、家具に飛び乗る事もありますので物の配置には気を付けましょう。

また、ヘアレスタイプは乾燥しやすいため、保湿クリームをこまめに塗ってあげたり、冬場は衣服を着せてあげたりと、都度ケアを行ってあげて下さい。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの健康面の注意点

パウダーパフタイプのブラッシングは1日おきをおすすめします。

ヘアレスタイプは毎日日焼け止めや保湿クリームを塗り、部屋の温度や湿度も常に暖かくしてあげる必要があります。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの一番気を付けたい病気は皮膚病です。

たいへんデリケートな犬種ですので、詳しい知識を備えておく事も大切です。

また、レッグ・カルベ・ペルテス病にも気を付けたいところです。

ヘアレスタイプは歯が弱く、アレルギーを持つ個体もいますので、食事や体質についても獣医とよく相談すると良いでしょう。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:皮膚疾患
たまにみられる病気:レッグ・カルベ・ペルテス病
しておきたい検査:特になし
寿命:13〜15歳
注意:へアレス・タイプはヒトモナス原虫症(黒頭病)に注意。またこのタイプは日焼けしやすく、羊毛アレルギーが多い。さらに歯にエナメル質が少なく、欠歯が多くみられるものもある。