コリー1

今回は、コリーの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

コリーの歴史

イギリスのスコットランドを原産国とするコリーは、主に牧羊犬として活躍してきました。

コリーという名前の由来は様々ですが、ゲール語で“役立つ”という意味であったり、顔の黒い羊にちなんで名づけられた説などがあります。

古来、イギリスに暮らしていたケルト人によって大切な相棒として飼育されていたと言われていますが、明確な記録は18世紀以降となっています。

18世紀末頃からイギリス女王がコリー好きを公言した事から一躍大人気の犬種となり、その後「ラッシー」で爆発的な人気を高め、現在では日本中に多くの愛好家が存在しています。

コリーの特徴や性格は?

コリー2
原産地:スコットランド(イギリス)
起源:19世紀
元来の役割:牧畜犬
現在の役割:ハーディング競技
体高(雄)インチ(cm):24-26(61-66)
体重(雄)ポンド(kg):60-75(27-34)
体高(雌)インチ(cm):22-24(56-61)
体重(雌)ポンド(kg):60-65(27-29)

コリーの特徴

体高は61㎝前後、体重は29kg前後と良い体格をしており、細くしなやかな四肢とふわふわ豊かな体毛が特徴的です。

また、華やかな顔立ちの良さでも人気があり、誠実で愛くるしい印象を与えてくれます。

コリーは牧羊犬として活躍していた名残りから、飼い主の指示を的確に行うことや、俊敏な走力で駆けまわるなど、体力面でも知性面でもたいへん優秀な犬種です。

牧羊犬または牧畜犬以外にも番犬として需要が高かったのですが、現在では伴侶犬や家庭犬としての人気も高く、人懐っこくしつけやすい事からも初心者にもお勧めです。

コリーの性格

おっとりとしていて穏やかで、忠誠心がしっかりとあるため屋内では大人しく過ごす事が出来るコリーは、飼い主やその家族に強い愛情を抱き接してくれます。

社交性もあり、散歩や見知らぬ人の来訪でも気おくれせず、むしろ愛想のある振る舞いをします。

自分の玩具や信頼する人々を守ろうとする気質が強いため、他の動物に対して的確に威嚇する事があります。

牧羊犬の名残りから、人のかかとに噛みついてしまう場合もありますので、性格をよく見極めしつける事が大切です。

コリーの飼い方

飼い主や家族と共に過ごす事が一番安心できることから、屋内飼育をお勧めします。

外ではしっかりと体を動かし、家庭内においては物静かに過ごさせる事で、メリハリある環境から協調性を学べます。

毎日1時間程度の散歩は優先的に行ってあげましょう。

コリーは飼い主の意図を組む事も得意ですので、一緒に遊ぶ際は無駄のない動きで積極的に楽しんでくれます。

また、常に人と共に暮らし役立ってきた犬種ですので、飼い主との時間や、飼い主を喜ばせる事を何よりの幸せに感じてくれる心根の優しい気質を持ち合わせています。

コリーの健康面の注意点

犬種の多くが患う可能性のある股関節形成不全には注意が必要です。

また、コリーの中でも独特の模様を持つ犬種同士を交配させた場合、問題が起こりやすい子孫が生まれてしまう可能性があるため、親犬をよく確認した上で判断した方がいいかもしれません。

他に、目元や皮膚の炎症を起こす場合もあります。

成長していくにつれて問題が発生した場合、なるべく早く動物病院で受診してください。

また、それぞれの病気に対し、予防にもなりますので定期的な検査を行ってあげましょう。

寿命は約12年といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:コリー眼異常
気をつけたい病気:睫毛の発育異常、膿皮症
たまにみられる病気:聴覚障害、小脳失調症(ラフ・コリーのみ)
しておきたい検査:眼科検査、聴覚検査
寿命:8〜12歳
注意:イベルメクチンに敏感。マール(黒の斑点や縞模様の入った青みがかった灰色の毛)同士の交配は、遺伝的に問題のある血統が生まれやすいので避けた方がよい。