ダンディ・ディンモント・テリア1

今回は、ダンディ・ディンモント・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ダンディ・ディンモント・テリアの歴史

18世紀頃、イギリスのイングランドとスコットランドの国境付近で飼育されていた犬種が祖先のはじまりといわれています。

農業にて二頭飼育されていた際、飼い主の知人の小説から名前をつけた事から、後の子孫たちも同小説から犬種名を名づけられ、ダンディ・ディンモント・テリアと呼ばれる様になったのでした。

主にカワウソやアナグマを狩る狩猟犬や番犬として活躍していましたが、やがてダックスフンドとの交配が行われた事でドッグショーでも人気を増していき、現在では日本をはじめ世界中に広まっています。

ダンディ・ディンモント・テリアの特徴や性格は?

ダンディ・ディンモント・テリア2
原産地:スコットランドとイングランドの境界(イギリス)
起源:18世紀
元来の役割:カワウソ狩り、アナグマ狩り
現在の役割:アースドッグ競技
体高(雄)インチ(cm):8-11(20-28)
体重(雄)ポンド(kg):18-24(8-11)
体高(雌)インチ(cm):8-11(20-28)
体重(雌)ポンド(kg):18-24(8-11)

ダンディ・ディンモント・テリアの特徴

体高は約25㎝、体重は約10kgと軽やかな容姿をしています。

頭部が大きく、巣穴へ潜り込むのに適した胴長短足の体型をしており、横から見ると長方形の形をしています。

とくに頭部は綿毛に似た毛質であるため帽子を被ったような丸みのある形状をしており、たいへん特徴的です。

耳と尾は垂れ口元は控えめな造りをしていますので、愛嬌のある顔立ちをしています。

ダンディ・ディンモント・テリアの体毛は長さのあるウェーブ状で、マスタードやソルト&ペッパーカラ―が主流ですが、頭部だけはホワイトになっています。

ダンディ・ディンモント・テリアの性格

テリア種であることから少々頑固で融通が利かない面もありますが、それほど過剰ではなく穏やかで社交的な性格をしています。

ダンディ・ディンモント・テリアは人懐こく活発に動き回り、初対面でも緊張せずに人や動物とコミュニケーションをはかることが出来ますが、少々個体差があります。

適度な運動を行っておくことで家庭内では行儀よく振る舞う事も可能です。

しつけを学ぶ速度も早めで、教えた物事をすぐに活かす順応性も富んでいます。屋内と屋外とで行動を判断し、状況に応じて振る舞う事も出来ます。

ダンディ・ディンモント・テリアの飼い方

猟犬としての名残りがあり、常に動き回って遊ぶ事を好み、屋内でも探求心いっぱいに探索しますので、物の配置などに気を付けましょう。

毎日1時間の散歩や足場の安定した場所で一緒にゲームをして遊ぶなど、飼い主と共に過ごす時間をとても好みます。

ダンディ・ディンモント・テリアは穴を掘る習性がありますので、屋外で遊ばせる際は注意が必要です。

屋内での飼育と屋外での運動を両立できる環境作りをお勧めします。

体毛はカラ―が明るいため汚れやすいので、週2、3回のブラッシングに加え、食事や運動の後はこまめに拭いてあげましょう。

ダンディ・ディンモント・テリアの健康面の注意点

ダンディ・ディンモント・テリアは胴長の体型をしている事から、椎間板ヘルニアや関節炎を発症しやすくなっています。

抱きあげる際の正しいコツ(利き手で胸を抱き、空いた手を腰に添える)を必ず実践しましょう。

また、皮膚炎や外耳炎など成長していくにつれて不意に起きる病気もありますので、日頃から清潔に保つ事で予防する事も出来ます。

ダンディ・ディンモント・テリアの頭部は冠毛が密生していますので、目にかかりやすく都度カットしてあげてください。

関節や耳など定期的な検査に通う事をお勧めします。

寿命は約13年といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:椎間板疾患
気をつけたい病気:膝蓋骨脱臼
たまにみられる病気:皮膚疾患、外耳炎
しておきたい検査:肘関節検査
寿命:11〜13歳