ドーベルマン・ピンシェル1

今回は、ドーベルマン・ピンシェルの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ドーベルマン・ピンシェルの歴史

ドイツを原産国とするドーベルマン・ピンシェルは、19世紀後期に警備犬として更に優秀な犬種を求め、慎重な交配を重ね生み出されました。

体格や性質を向上させ、警察犬として十分な素質を兼ね揃えて活躍していくうちに、人々からの人気は絶大なものとなり、ヨーロッパ全土をはじめ様々な国へと広まっていきました。

ドーベルマン・ピンシェルは現在、一般の家庭犬としての人気も高まっていますが、警察犬としてだけではなく番犬、麻薬探知犬、盲導犬としても順調に好成績を伸ばし続けています。

ドーベルマン・ピンシェルの特徴や性格は?

ドーベルマン・ピンシェル2
原産地:ドイツ
起源:19世紀
元来の役割:警備犬
現在の役割:警備犬、警察犬、軍用犬、防衛犬
体高(雄)インチ(cm):26-28(66-71)
体重(雄)ポンド(kg):65-90(29-41)
体高(雌)インチ(cm):24-26(61-66)
体重(雌)ポンド(kg):65-90(29-41)

ドーベルマン・ピンシェルの特徴

体高は約66㎝、体重は約40kgのがっしりとした骨格を持つ犬種です。

筋肉量が豊富で、たいへんバランスの良い身体つきをしており、歩いたり走ったりする際に高い集中力で指示へ従うことが出来るとともに、優雅さも持ち合わせている印象を受けます。

「犬のサラブレッド」という愛称があることからも、優秀な犬種であることを伺わせます。

ドーベルマン・ピンシェルはなめらかな体毛を持ち、ブルー、ブラック、ブラウンをベースに鼻周辺や足先にタンなどのカラーが特徴的です。

耳や尾はあらかじめ切断されているケースがままあります。

ドーベルマン・ピンシェルの性格

ドーベルマン・ピンシェルは現在様々な役割を担うだけあって、多くの難しい指示や訓練にも耐えうる粘り強さと、努力を惜しまない健気さも優れた気質の一つに挙げられます。

共に暮らす家族や動物とも打ち解けますが、飼い主への忠誠心はとても強いものですから、毅然とした主従関係を心掛けましょう。

番犬としての功績もあげるだけあり、慣れた人や動物以外への警戒心は強く、防衛本能から時には攻撃を繰り出し傷つける可能性がありますので、散歩や来客時には注意が必要です。

飼育する際しつけや運動を重要視することから、中級者以上におススメしたい犬種です。

ドーベルマン・ピンシェルの飼い方

とても元気で活力のみなぎっている犬種ですので、毎日十分な運動や頭脳を活かすゲームを行いましょう。

ドーベルマン・ピンシェルは毎日1時間以上の散歩とゲームやスキンシップによって、1日に必要な運動量を消費することができます。

万が一運動量が足りないと、ストレスを溜めてしまい、攻撃的になったり怒りやすくなったりしてしまいます。

飼育は屋外でも可能ですが高温多湿な日本の気候には弱いため、屋内での飼育を優先しましょう。

ドーベルマン・ピンシェルの健康面の注意点

ドーベルマン・ピンシェルの遺伝性の病気として股関節形成不全や心筋症があげられます。

そのほか、体毛のカラーによってかかりやすい病気が異なっており、ブルーカラーですと、ブルードーベルマン症候群と呼ばれる脱毛症を患う場合がありますし、ホワイトカラーですと様々な病気や合併症を患う場合があります。

ドーベルマン・ピンシェルは時折色素欠乏症にかかってしまう場合もありますから、何らかの形で変化を感じた場合は早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

寿命は約12歳前後といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:肥大性心筋症、股関節形成不全、皮膚疾患
気をつけたい病気:特になし
たまにみられる病気:色素欠乏症
しておきたい検査:心臓機能検査、股関節検査
寿命:10〜12歳
注意:ブルー・ドーベルマンは脱毛症になりやすい。ホワイト・ドーベルマンは深刻な健康障害を引き起こしやすい。