イングリッシュ・フォックスハウンド1

今回は、イングリッシュ・フォックスハウンドの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

イングリッシュ・フォックスハウンドの歴史

イングリッシュ・フォックスハウンドの元祖の犬種はイギリスで11世紀に存在を認められていますので、古くから人々と共に暮らしてきた犬種といえるでしょう。

17世紀前後からスポーツとして栄えたキツネ狩りに素質を発揮し、狩猟犬として活躍してきました。

一頭としての佇まいも、群れでの存在感も優雅に見える容姿へと交配が繰り返され、現在の姿となったようです。

その後、アメリカへと渡り別の掛け合わせによってアメリカン・フォックスハウンドが派生しましたが、今日でも狩猟を行う愛好家たちからはイングリッシュ・フォックスハウンドへの信頼はとても厚いものです。

イングリッシュ・フォックスハウンドの特徴や性格は?

イングリッシュ・フォックスハウンド2
原産地:イギリス
起源:18世紀
元来の役割:キツネ狩り
現在の役割:キツネ狩り
体高(雄)インチ(cm):23-27(58-69)
体重(雄)ポンド(kg):55-75(25-34)
体高(雌)インチ(cm):23-27(58-69)
体重(雌)ポンド(kg):55-75(25-34)

イングリッシュ・フォックスハウンドの特徴

全体的に頑丈な骨格をしており、バランス良い立ち姿をしています。尾はぴんとたち、頭は遠くまでよく見渡すことが出来る姿はとても美しいと評判が高くあります。

体高は65㎝、体重は30kg程度で、雄と雌共に個体差はあまりありません。

多くは耳を3㎝ほど短く整えており、曲線美を出しています。

吠え声はたいへん太くしっかりと響き渡るため、しつけできちんとコントロールしてあげましょう。

イングリッシュ・フォックスハウンドの毛色はホワイト、ブラック、ブラウンが入り混じったトライカラーや、ブラウン&ホワイト、時折単色と様々です。

イングリッシュ・フォックスハウンドの性格

飼い主に対して従順でしっかり者として家庭内を明るくしてくれます。しつけの飲み込みも早く基本的には賢く振る舞ってくれるのですが、狩猟犬時代からの名残として、自分よりも小型な動物をみると、追い掛けまわしたり落ち着きがなくなってしまったりするため、多頭飼いをする際は注意が必要です。

家庭内で大人しく過ごす事も可能で、飼い主の子供とのコミュニケーションも自分から進んで心掛けてくれる愛情深い一面もあります。

イングリッシュ・フォックスハウンドは陽気で明るく好奇心旺盛なので、遊びに上手く取り入れてあげると喜ぶでしょう。

イングリッシュ・フォックスハウンドの飼い方

イングリッシュ・フォックスハウンドは毛量が多すぎず短毛のため、屋外での飼育も可能です。

しかし暑すぎたり寒すぎたりした気候の中ですと体調を崩し易くなりますので、臨機応変に家庭内での飼育も交えてあげてください。そのため室内や庭の広さはある程度必要です。

毛並みを保つのであればブラッシングを週に1、2回行ってあげてください。

運動量は毎日1時間以上でもスタミナが持ちますし、長距離走に優れた体を持っていますので、飼い主のジョギングにも大喜びでお供になってくれます。しつけても吠え癖の残るタイプもいますので、周囲への配慮も必須です。

イングリッシュ・フォックスハウンドの健康面の注意点

遺伝性の病気はあまりありません。もともと狩猟犬としてとても体が丈夫ですので、特筆すべき疾患は少ないですが、まれに股関節形成不全である可能性があります。

また、様々な原因はありますが、時折皮膚の炎症が起こるケースもありますので、動物病院へ直ぐ様連れて行きましょう。

早期発見が早期回復へと繋がります。寿命は10年以上と長く、老齢にさしかかっても散歩好きな子が多いのも特徴です。

イングリッシュ・フォックスハウンドは健康面でも大変優れた犬種といえますが、しつけや本来の気質などをふまえ、中級者以上の方向きともいえます。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:皮膚疾患
たまにみられる病気:股関節形成不全
しておきたい検査:特になし
寿命:10〜13歳