イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル1

今回は、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの歴史

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの元祖であるスパニエル種は元来狩猟犬として、スペインからイギリスへと輸入され人々に役立ってきました。

その後交配などで改良されていき、鳥などの回収犬としてアゴを発達させ、俊敏に駆ける脚も現在に受け継がれています。

イギリスを原産国としており当初はサイズだけで様々なスパニエル種を呼び分けていましたが、体のつくりの違いなどより精密に犬種を分け始め、19世紀初頭にようやくスプリンガーを単独で確立するようになりました。

現在ではドッグショーや家庭内においても広く愛されています。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの特徴や性格は?

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル2
原産地:イングランド(イギリス)
起源:19世紀
元来の役割:鳥獣回収犬
現在の役割:鳥獣回収犬、スパニエル系の競技
体高(雄)インチ(cm):19-21(48-53)
体重(雄)ポンド(kg):50(23)
体高(雌)インチ(cm):18-20(46-51)
体重(雌)ポンド(kg):40(18)

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの特徴

たいへん元気で賢い犬種です。狩猟犬として優れた才能の一つとして集中力や熱中度合いがとても粘り強く、現在においてもどんな些細な事にでも熱中し興奮する気質が挙げられます。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは体高50㎝前後、体重20kg前後と中型犬の体躯をしており、豊かな毛並みは毛先へ向かうほどウェーブし美しい艶を持っています。

顎の力が強く、玩具の寿命をとどめてしまうこともありますが、好奇心旺盛で遊び好きな陽気な気性です。

毛色はタン&ホワイトやブラック&ホワイトなどが挙げられます。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格

快活で元気いっぱいの明快な性格であるイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、人にとても従順であり、現在家庭犬以外としても牧羊犬や狩猟犬として活躍しています。

スタミナがあり、頑丈な作りをしているため運動は必須です。

しつけを覚える器量もよく、飼い主の指示に従順な行動が出来る賢い犬種ですが熱中しやすい面もあるため、訓練を遊びに織り交ぜ体で楽しみながら覚える方法がおすすめです。

噛み癖もしつけによって収める事が出来るため、家庭内で別の犬種や子供と触れ合う事も可能です。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの飼い方

美しい毛は伸びる速度が割合早いため週2、3回のブラッシングや、2か月に一度のトリミングはなるだけ行ってください。

飼い主の意見を忠実に守ることが出来るイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、被毛の長さから体温調整があまり上手くなく、夏場は野外での散歩を控え家庭内においてしっかり運動する事がおすすめですので、飼育環境はある程度の広さを維持しましょう。

散歩は1日1時間は行い、日頃から一緒に遊んであげると信頼関係がよりいっそう強まります。

平均寿命は14年と長寿のタイプですので、普段から運動をしっかり楽しませることで、ストレスを軽減させてあげましょう。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの健康面の注意点

遺伝性の病気として、眼や関節の病気が多く見られます。

まれに先天性激怒症候群という、怒りに身を任せて急に攻撃的になる脳の病気を受け継いだ犬もいるようですので、検査は幼少期から注意深く行ってあげてください。

後天的に関節を痛めたり、垂れ耳ですから外耳炎になったりする可能性もありますので、日頃から少しの変化も見逃さないように、コミュニケーションをたっぷりと図ってください。

また、皮膚病などの疾患も可能性がありますので、かかりつけの医院との連携を取り、初期治療をすばやく行える環境作りを大切にしましょう。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:皮膚疾患、外耳炎、進行性網膜萎縮症、股関節形成不全
気をつけたい病気:眼瞼外反症、眼瞼内反症
たまにみられる病気:特になし
しておきたい検査:股関節検査、肘関節検査、眼科検査
寿命:10〜14歳