ジャーマン・ショートヘアード・ポインター1

今回は、ジャーマン・ショートヘアード・ポインターの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターの歴史

ドイツが原産国であるジャーマン・ショートヘアード・ポインターは、ドイツの猟師や繫殖家たちの力で、最良の猟犬として生み出されました。

試行錯誤の末19世紀頃に生まれ、キツネやクマなど哺乳類の中でも体格の大きな獲物を見つけては知らせ、飼い主が撃った後でとどめをさすなど多岐にわたり能力を開花させていきました。

一時はドッグショーへ参加するための過度な交配が原因で性質が劣り始めてしまいましたが、愛好家たちの努力により犬質を正しく補正する事が出来、現在日本では爆発物探知犬として重宝されています。

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターの特徴や性格は?

ジャーマン・ショートヘアード・ポインター2
原産地:ドイツ
起源:17世紀
元来の役割:狩猟犬
現在の役割:ポインティング、ポインティング競技
体高(雄)インチ(cm):23-25(58-64)
体重(雄)ポンド(kg):55-70(25-32)
体高(雌)インチ(cm):21-23(53-58)
体重(雌)ポンド(kg):45-60(20-27)

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターの特徴

体高は約58㎝、体重は約27kgとがっしりとした体格をしており、体長がやや長めですが頑丈な四肢を持ち横から見ると正方形にちかい骨格をしています。

狩猟タイプとショータイプとでは一見差は分かりにくいですが、猟に適したタイプですと筋肉の締まりや体高に少々違いが表れています。

つぶらな瞳で垂れ耳、垂れ尾をしており、体毛はすべらかな短毛で、レッドやレバーを主流しホワイトの斑点があるものなど、様々です。

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターは狩猟犬らしく耐久力や機敏さも兼ね備えています。

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターの性格

穏やかで愛情深いジャーマン・ショートヘアード・ポインターは、その素質から狩猟犬として以外にも、家庭犬として人々に愛される気質を兼ね備えています。前向きで陽気な明るい性格ですので、飼い主やその家族の前で天真爛漫に振る舞ってくれます。

屋内でも屋外でもはつらつと動く事が大好きですから、毎日多くの運動量をこなす事が大切です。幼い子供と遊ぶ際には荒っぽく扱ってしまうため注意が必要ですが、基本的には家族への気遣いや忠誠心を強く持ち合せています。

小型犬を獲物と誤る可能性もあるので、犬種によっては多頭飼いに向きません。

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターの飼い方

しつけやトレーニングの飲み込みが早く、飼い主の指示に素早く反応する事が出来ます。

狩猟犬の頃から、狩りに行く際も夜眠る時も人と常に過ごしてきた犬種ですので、屋内での飼育を行ってください。

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターは日本の暑さに弱いので、夏場は体温管理に気を付けてあげましょう。

毎日1時間以上の散歩をしたり、一緒にゲームをしたりして絆を深めながら心身共にストレスを軽減させることで、家庭内でマナー良く過ごしてくれます。

探索も好きですので、犬の周囲に触れて欲しくないものは置かないようにして下さい。

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターの健康面の注意点

遺伝性の病気ですと、股関節形成不全やリンパ浮腫や心臓病を患っている可能性があります。

また、眼の病気や胃の炎症などにかかる場合もありますので、常に清潔に保ち、気にかかる事があれば早めに動物病院で診察して貰いましょう。

ジャーマン・ショートヘアード・ポインターは運動量が多く必要な犬種ですから、運動不足に陥ると荒い気性になったり、ストレスで体調を崩し易くなったりしてしまいます。

年を重ねるにつれてガンを発症する場合もありますので、定期的に検査を受けることをお勧めします。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:リンパ浮腫
気をつけたい病気:股関節形成不全、眼瞼内反症
たまにみられる病気:胃捻転、眼瞼外反症、進行性網膜萎縮症
しておきたい検査:股関節検査、眼科検査
寿命:12〜14歳