ジャイアント・シュナウザー1

今回は、ジャイアント・シュナウザーの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ジャイアント・シュナウザーの歴史

ドイツ原産のジャイアント・シュナウザーの生みだされた時期は不明ですが、19世紀前後には既に牧畜犬として活躍していました。

主に家畜を管理したり市場へ家畜を引率したりと体格や気質を活かし、人々を助け愛されてきました。

また、その優秀さから生み出したとされるミュンヘンの人々にミュンヘナーという愛称でも親しまれています。

その後、番犬として貢献したり、戦時中は警察犬としての素質も見出され立派に使命を全うする姿は次第に世界各地で人気を得ていきました。

現在では家庭犬としても広まりつつあります。

ジャイアント・シュナウザーの特徴や性格は?

ジャイアント・シュナウザー2
原産地:ドイツ
起源:中世
元来の役割:牧畜犬、番犬
現在の役割:番犬、警察犬、シュッツフンド(防衛犬)
体高(雄)インチ(cm):25.5-27.5(64.8-70)
体重(雄)ポンド(kg):65-90(29-41)
体高(雌)インチ(cm):23.5-25.5(57-64.8)
体重(雌)ポンド(kg):65-90(29-41)

ジャイアント・シュナウザーの特徴

シュナウザー種の中でも大型で、体高は約65㎝、体重は約35kgの立派な体格をしています。

全体的にがっしりとした丈夫な骨格を持ち、筋肉質で動作も機敏です。眉毛や顎ひげがあるため、チャーミングな表情をしています。

体毛はブラックが多く、強いウェーブのかかった毛並みは艶があり、堂々とした佇まいを引き立てています。二重構造になっていますので、寒さに強く冬場でも雪の中を元気に駆け回る事が出来ます。

ジャイアント・シュナウザーは指示を受け完遂する事を喜びとしますので、様々な役割を与えると生き生きと励んでくれます。

ジャイアント・シュナウザーの性格

いつも元気いっぱいに動き、好奇心旺盛なので散歩中も家庭内でもはつらつと動き回ります。ジャイアント・シュナウザーは愛情深く、人の傍にいる事で心から寛ぐことが出来ますので、毎日一定時間のスキンシップが不可欠な犬種です。

また、多頭飼いや飼い主の家族と年齢問わず打ち解ける事が出来、社交性も十分にありますが、幼い子供の前では威勢が良過ぎて危険な面もありますから、よく注意してください。

番犬としての性質もある事から、一度警戒心を抱くと強く威嚇したり攻撃したり果敢に挑みます。

ジャイアント・シュナウザーの飼い方

たいへん大胆な面があり、探求心や好奇心を満たすために屋外、屋内問わずよく動きますので住居スペースには余分な物は置かず、気を使ってあげて下さい。

ジャイアント・シュナウザーは日本の暑さに弱いですから、できるだけ屋内での飼育をお勧めします。

冬は雪の日も積極的に散歩へ行きたがり、毎日1時間以上の運動を必要とします。

山道や険しい道でも優れた体格を活かし活発に動く事が出来、飼い主とのジョギングを楽しむ持久力もありますので、アクティブな方にお勧めの犬種です。

週に2、3回はブラッシングをし時折トリミングも行ってあげましょう。

ジャイアント・シュナウザーの健康面の注意点

基本的にはとても丈夫な体をしていますが、毎日一定数の運動量が必要である事から、年を重ねていくにつれて関節の炎症や脱臼などが見受けられます。

また、耳が垂れている犬種ですので、外耳炎になる可能性も考えられます。

体調や炎症を予防する為にも、日頃から歩く場所に気を使ってあげたり、こまめにケアをしてあげたりすることで防げる場合もあります。

ジャイアント・シュナウザーは大型犬ですので、遺伝性の病気として股関節形成不全も挙げられます。

早期発見する事で負担を減らしてあげられる様にしましょう。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:外耳炎、股関節形成不全
たまにみられる病気:髄膜炎、膝蓋骨脱臼、てんかん
しておきたい検査:股関節検査
寿命:11〜14歳