ゴールデン・レトリーバー1

今回は、ゴールデン・レトリーバーの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ゴールデン・レトリーバーの歴史

19世紀前後、イギリスにて交配されたすえに生み出された犬種です。

狩猟犬として陸でも水場でも期待以上の活躍をみせ、多くの人々の間であっという間に人気を勝ち得ました。

主に鳥狩猟の際、回収犬として成果を出していたようです。

正式に登録されるまでの間に、アイリッシュ・セッターやブラッドハウンドなど狩猟力のたいへん優れた犬種と交配を繰り返し、現在のゴールデン・レトリーバーとしての地位を築きました。

優雅で愛嬌のある容姿はドッグショーでも瞬く間に人気となり、現在では国内でも大変メジャーな犬種となっています。

ゴールデン・レトリーバーの特徴や性格は?

ゴールデン・レトリーバー2
原産地:イングランド(イギリス)
起源:19世紀
元来の役割:回収犬
現在の役割:回収犬、援助犬、服従競技犬、回収犬系の競技
体高(雄)インチ(cm):23-24(58-61)
体重(雄)ポンド(kg):65-75(29-34)
体高(雌)インチ(cm):21.5-22.5(54.5-57)
体重(雌)ポンド(kg):55-65(25-29)

ゴールデン・レトリーバーの特徴

ゴールデン・レトリーバーの体高は約57㎝前後、体重は約29kg前後の丈夫な体格をしています。

毛色は多少違いがあるものの、クリーム色~赤みのある黄金色となっています。

毛先へ向かうほどウェーブがかったホワイトの毛色をしており、豊かに波打つ体毛の美しさはドッグショーの世界でも注目の的ですが、本来狩猟犬として鍛えられてきた性質も受け継がれているため、優れた骨格やよく引き締まり瞬発性のある筋力も持ち合わせています。

体長が少々長めで、走る際はとてもバランスよく俊敏に動く事が出来ます。

ゴールデン・レトリーバーの性格

人懐っこくしつけもしやすい事から初心者に人気があります。

忠誠心が強く、家庭犬として素晴らしく愛嬌ある振る舞いをしてくれますし、散歩の際は他の犬や人に対しても物おじせず好奇心旺盛に接する事が出来ます。

ゴールデン・レトリーバーは感受性が豊かなので、飼い主の感情に同調し空気を読んでくれる面もあります。

その反面、独りで過ごす事を嫌い留守番の苦手な個体もいますので、しつけをすると同時に一緒に過ごせる時間は沢山可愛がってあげましょう。

小さな子供や小型犬などとも協調性のある振る舞いが出来ます。

ゴールデン・レトリーバーの飼い方

飼い主や家族と過ごす事が大好きな犬種ですので、ぜひとも室内飼育がお勧めです。毎日運動をしっかりとさせてあげてください。散歩は最低1時間以上が理想です。

肥満になりやすい傾向がありますので、しっかりとした運動量と程よい食事量を大切にしましょう。

たいへん賢い頭脳を持っていますので、しつけの飲み込みが早く、幼い子供のお守りや番犬としての素質も十分にあります。

ゴールデン・レトリーバーはとても寂しがり屋ですので、遊ぶ際はたくさん触れ合ったり声を掛けてあげることで信頼が深まり、ストレスも緩和されていきます。

ゴールデン・レトリーバーの健康面の注意点

体毛のなめらかさをキープする為に、1週間に2、3回ほどブラッシングをしてあげてください。

可能性が高い遺伝性の病気は、股関節形成不全やてんかんなどです。

また、気を付けたい点として、生活習慣病やガンなども挙げられます。屋内や段差の多い場所、足場の不安定な場所などで遊ばせていると怪我や関節病へとつながる可能性もありますので、注意が必要です。

股関節や目などの検査は定期的に行い、日頃から節制した食生活をさせてあげましょう。

ゴールデン・レトリーバーの寿命は13年前後といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:股関節形成不全
気をつけたい病気:眼瞼内反症、アレルギー、肥大性心筋症
たまにみられる病気:胃捻転、てんかん
しておきたい検査:股関節検査、肘関節検査
寿命:10〜13歳