ゴールデンレトリバー

大型犬の代表格とも言える人気の犬種「ゴールデンレトリーバー」。

陽気で誰にでもなつく性格から、家庭犬としてはもちろん、盲導犬や介助犬としても世界中で愛されています。

そこで今回は、ゴールデンレトリバーの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ゴールデン・レトリーバーの特徴・性格

  • 名称:ゴールデンレトリーバー(Goldenretriever)
  • 原産地:イングランド(イギリス)
  • 寿命:10〜13歳
  • サイズ:
    オス
    体高:58〜61cm
    体重:29〜34kg
    メス
    体高:54.5〜57cm
    体重:25〜29kg

歴史

ゴールデン・レトリーバーは、数多くの記録が残されていますが、その発端は思いがけない偶発的な努力の結果、誕生したといわれています。

19世紀半ば、鳥狩猟の時、仕留めた獲物を回収する役目を果たす犬への関心が高まりました。
その結果、無為単調な生活に我慢強く絶え、冷たい水の中にも勇敢に飛び込み、力強く泳いで獲物を回収する犬が必要とされました。
そこで、スコットランドとの境に沿って流れるトィード川の北部に住んでいた、トィードマウス卿が活躍することになります。

鳥狩猟の時に仕留めた獲物を回収する役目をしてくれる犬への関心が高まっていました。そしてその任務を果たすために冷たい水の中にも勇敢に飛び込み、力強く泳いで獲物を回収する犬が必要とされました。そこで、スコットランドとの境に沿って流れるトィード川の北部に住んでいたトィードマウス卿という貴族が活躍することになります。

このトィードマウス卿は、ウェーブのかかった黄色い被毛に覆われたレトリーバーであるヌース(小型のニューファンドランド犬と猟師たちに使用されていた初期のラブラドールを祖先とする)をツイード・ウォーター・スパニエル(カーリーな被毛が特徴の当時人気が高かった茶褐色のレトリーバー犬)を掛け合わせました。
この交配の結果、4頭の子犬が誕生し、どの犬も高原での鳥狩猟に役に立つ非常に素晴らしい素質を持ち合わせていました。

その後、この犬種は他の黒いレトリーバーやツイード・スパニエル、ブラッドハウンド、セッターと慎重に交配されていきます。
はじめはフラット・コーテッドの中の「黄色い犬」とみなされていましたが、1912年にはフラットとは別の犬種として、イエローレトリーバーまたは、ゴールデンレトリーバーとして承認されることとなりました。

それからゴールデンレトリーバーは、狩猟能力が非常に高かったことから、基礎となる犬と慎重に交配され、その能力にますます磨きのかかった犬種へと改良されていきました。
その後は、ペットやショードッグ、服従競技に優れた犬種として人気が高まっていきました。

このような歴史を経て作られていったゴールデンレトリーバーは、一瞬にして人気を集めることになります。その人気は現在でもずっと衰えることなく、アメリカではもっとも人気の高い犬種のひとつに数えられています。

特徴

ゴールデンレトリバーは本来狩猟犬として作られましたが、その最大の特徴は黄金色の美しい毛並みと柔和な表情でしょう。
犬種的に均整がとれていて力強く、活動的で頑健。まっすぐな背中の線と、バランスのとれたボディをもち、水中での獲物の運搬が得意な鳥猟犬として知られています。
尾は尻部から自然な形で垂れており、行動する時はやや上向きに保持されます。
被毛は平滑毛か波状毛で、水をはじく特性があることから、水中での作業に向いているとされています。
また、絹糸状のやわらかさはないですが、短毛な犬ほどは硬くもなく、名前の通り毛色はつやのあるゴールデンやクリーム色です。

ゴールデンレトリーバーは、とても温厚な性格を持っており、飼い主にとても従順です。
社交性もあり、公園などに出かけると誰とでも仲良くなれるでしょう。
また、責任感や警戒心も強く、家庭の中でもしっかり者として活躍してくれるはずです。

飼い主に忠誠を尽くし、天性の服従性を持つゴールデンレトリーバーは、あらゆる人々の友として、また家族の一員として共に暮らす伴侶犬として知られています。

性格

さて、ゴールデンレトリバーの性格は明るくておだやかで辛抱強いため、子供たちでも扱いやすい犬種です。
そのため、家庭犬としても最適です。

常に周囲に注意して目を配り、学習意欲も旺盛。子どもが大好きで、よほどのことがなければ怒ることもありません。
厳しさより愛情をもってしつけるべき犬と言えます。
また、知らない人間に対しては大声で吠えるので、番犬としても適しています。

ゴールデンレトリーバーは、レトリバー(持ってくる)という名の通り、運搬が得意でおもちゃ等を執着して放しません。
水が大好きで飽き知らずです。

一般的にラブラドールに比べて温厚ですが、犬によっては咬み付きの遺伝性疾患の持った犬もいます。
また、叱るといじけ易いので褒めて育てましょう。褒めてグングン伸びるタイプです。

体を動かすことも大好きで、草原などを一日中駆け回っていても飽きることを知りません。
こういった活動的な性格とパワフルな体力を持っていることを十分把握した上で共に暮らさないと、問題行動を起こす犬になりかねません。
毎日、肉体的な運動と知的な活動をしっかりとさせることが大切です。

時には、元気がありすぎてハメをはずしてしまうこともあります。
また、何に対しても好奇心旺盛なので、訓練中に他のことに気が散ったりする傾向があります。
とはいえ、何かを学ぶことは大好きなので、自分から進んで学習してくれるでしょう。

服従競技では成績の優秀な犬種として有名です。
回収犬であることから、口にくわえて何かを運んだり、何かを取ってくるような競技やゲームを得意とします。

ゴールデン・レトリーバーの飼い方

さて、ゴールデンレトリバーは毎日の運動と同時に人間との触れ合いが欠かせません。

運動は毎日行ない、活動的なゲームをして一緒に遊んだり、ボールなどで遊んであげると肉体的にも精神的にも健康が維持できます。 毛量と体格の割に限界を超えても遊び続ける子供っぽさがあるので熱中症等に注意してください。
また、ゴールデンレトリーバーは太りやすいので、成長期は栄養のバランスにも注意してください。

屋外で過ごさせることはできますが、人間とのつながりを必要とする社交的な犬なので、家族の姿がみえるガラス越しの場所や、声をかけやすい距離に犬舎を置くようにしてあげましょう。陽当たりや風通しなどに関しても充分に配慮し、犬舎は常に清潔に保つようにしてください。
また、1年じゅう換毛する種類なので屋内飼いでは掃除や衛生面を考え、コルク材などのシートを敷いておくことをおすすめします。

被毛はあまりもつれたりしませんが、毛玉ができやすいので、1週間に2回ほどはブラッシングしてあげましょう。口の周りや頭部、足など、毛が短くて敏感な部分は、皮膚を傷つけないナイロンブラシや獣毛ブラシでブラッシングすると良いでしょう。

健康面の注意点

さて、ゴールデンレトリーバーは働くことが大好きです。
そのため、適度な仕事が規則的にあることが理想的です。少なくても、ある程度内容のある散歩をしてあげるようにしてください。

食事に関しては若犬から成犬では、朝夕2回の食事に定着させるようにしてください。
食事の内容は、栄養バランスに優れた総合栄養食が一般的です。
ドライタイプが手軽で、保存性もよく衛生的です。

またアレルギー性の皮膚炎などにも充分注意するようにしてください。

気をつけたい病気

  • 股関節形成不全
  • 眼瞼内反症
  • 肥大性心筋症