ゴードン・セッター1

今回は、ゴードン・セッターの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ゴードン・セッターの歴史

イギリス原産であり、18世紀前後までに様々な交配が繰り返されたのちに生み出された犬種です。

ゴードン公爵4世が生み出したため、ちなんだ名前が付けられたようです。

公爵の住んでいたゴードン城で、優れた才能を持つセッターが次々誕生する中、ゴードン・セッターは狩猟犬やドッグショーとして活躍し始め、次第に世界中へと広まっていきました。

日本国内での人気はまだこれからという状態ですが、現在他国では猟師間での人気が続いており、また容姿の堂々とした佇まいや性質が好まれ、家庭犬としても注目を集めています。

ゴードン・セッターの特徴や性格は?

ゴードン・セッター2
原産地:イギリス(スコットランド)
起源:17世紀
元来の役割:鳥の居場所を指し示すこと、回収犬
現在の役割:獲物の居場所を指し示すこと、ポインティング系のフィールド競技
体高(雄)インチ(cm):24-27(61-69)
体重(雄)ポンド(kg):55-80(25-36)
体高(雌)インチ(cm):23-26(58-66)
体重(雌)ポンド(kg):45-70(20-32)

ゴードン・セッターの特徴

体高は約66㎝、体重は約32kgの立派な体をしています。

瞬発性は少々弱いのですが、それを補える従順さや耐久性が持ち味です。

美しい毛並みと重量感のある体格が特徴的なゴードン・セッターは、おもにブラック&タンの体毛をしています。

他にはブラックやブルー1色、レッド&ホワイトなど様々です。セッターの中で一番体重があり、筋肉質で賢い走りを見せてくれます。

尾や耳は垂れており、走ったり遊んだりする際もバランス良くこなす姿は凛々しささえ感じられます。

スタミナもあるので、運動量がしっかりと必要な犬種です。

ゴードン・セッターの性格

飼い主の伝えたり教えたりした事に対して真面目に取り組む優秀な犬種です。

セッターの中でも愛情深い一面があり、飼い主や家族に対して心から懐いてくれる反面、見慣れない人や動物に対して警戒心を抱く場合もありますが、基本的には社交性が十分にあります。

好奇心もたっぷりとありますので、散歩の際は複数のコースを用意したり、褒めて伸ばしてあげたりすると、とても喜んでくれる素直な性格をしています。

ゴードン・セッターは初心者の方にもたいへん飼育しやすい犬種ですし、多頭飼いにも向いています。

ゴードン・セッターの飼い方

ゴードン・セッターは一定の運動量が毎日必要ですので、毎日散歩に1時間以上、遊ぶ際は狩猟犬時代の性質を活かしたゲームなどを加えてあげると、ストレスもたまりにくく快適に過ごす手助けとなります。

屋内で家族と共に過ごし協調性を身につけさせたり、庭やドッグランで他の犬種との協調性を磨かせたりと、ゴードン・セッターは学ぶ事が大好きですので屋内と屋外でメリハリをつけた飼育環境にしてあげましょう。

家の中でも駆けたり、役に立とうと進んで飼い主に甘えてくれますので、ある程度スペースに余裕を作ってあげて下さい。

ゴードン・セッターの健康面の注意点

大型犬に多くみられる遺伝性の病気として、股関節形成不全が挙げられます。

ゴードン・セッターは他にも、小脳失調症や、進行性網膜委縮症、内分泌系疾患などにかかる可能性もあります。

脚の関節や目の病気など、把握しにくい病気を患う危険もありますので、ささいな変化に気づいた場合は、ぜひとも早めに獣医へ相談しましょう。

また、定期的な検査を受けることで、予防できる場合もあります。

ゴードン・セッターは飼い主に深い信頼を抱く犬種ですので、毎日愛情いっぱいに接することでストレスを軽減させてあげる事もできます。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:股関節形成不全、離断性骨軟骨症
気をつけたい病気:進行性網膜萎縮症、肘関節形成不全
たまにみられる病気:小脳失調症
しておきたい検査:股関節検査、肘関節検査、眼科検査
寿命:10〜12歳