ハリア1

今回は、ハリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ハリアの歴史

ハリアはイギリス原産の狩猟犬で、古い歴史を持つ犬種です。

13世紀頃から記録が残っており、嗅覚を活かし人々の猟を手助けしていました。

群れになり狩猟に参加し、どのような土地や天候でも優れた嗅覚で獲物を見つけ出せる特性は、現在にも受け継がれています。

18世紀に厳選された犬種と交配し、より鋭い嗅覚を持つ姿へと生み出されましたが、19世紀に入るまで庶民をはじめ多くの人々に重宝されてきましたがその後減少し、一時は絶滅寸前となっていました。

現在は頭数が回復し、様々な国で家庭犬として活躍しています。

ハリアの特徴や性格は?

ハリア2
原産地:イギリス
起源:中世
元来の役割:野ウサギ狩り
現在の役割:野ウサギ狩り、キツネ狩り
体高(雄)インチ(cm):19-21(48-53)
体重(雄)ポンド(kg):50-60(23-27)
体高(雌)インチ(cm):19-21(48-53)
体重(雌)ポンド(kg):50-60(23-27)

ハリアの特徴

野うさぎやキツネを見つけ出す優れた嗅覚は現在でも活用され、狩猟犬として今もなお飼育されている場合もありますが、家庭犬として認知度を高めています。

垂れた耳にぴんと立った尾、つぶらな瞳とバランスの良い骨格が特徴的な犬種です。

体毛は短くなめらかで、ホワイト、ブラック、オレンジをはじめ複数の色合いを持っています。

ハリアは小型化されていますが、大きな体格の犬種と共に走ると同じ速度で駆けることが出来るほど、体力があります。

凛々しい表情をしており、日本でも人気の高い犬種となっています。

ハリアの性格

社交性があり、元気よく愛嬌のあるハリアは、幼い子供や動物にも辛抱強く向き合ってくれるような知性を持っています。場の雰囲気を読み取ることが出来、しつけの飲み込みもとてもいいため、家庭内でも上品で物静かに過ごす事が出来ます。飼い主やその家族、または多頭飼いにも向いていますが、見知らぬ人や動物には一定の距離を保ち、様子を伺う一面もあります。狩猟犬時代の名残から、何かを追跡したり家庭内で役目を担ったりと、飼い主の役に立つ事柄を心から喜びますので、性格を生かした運動や暮らしを積極的に取り入れましょう。

ハリアの飼い方

毎日の運動を共にすることで、ハリアのストレスが溜まりにくくなり、友好な信頼関係を築くことが出来ます。

1日1時間程度の散歩、安定した足場がある場所でのゲームやドッグランなどを行い、時には頭を使った遊びもおすすめします。

基本的には家庭内での飼育を勧めますが、一年を通して暑すぎず温暖な地域では屋外での飼育も可能で、多頭飼いにも向いています。

幼い子供のいる家庭では、しっかりと世話を焼いたり良き遊び相手になってくれたりしますから、しっかりとしつけを行いましょう。
ブラッシングは1週間に1回程度行ってください。

ハリアの健康面の注意点

ハリアは小柄ですががっしりとした骨格を持っており、体がとても丈夫な犬種です。そのため遺伝性の病気やかかりやすい疾患も、とくにありません。活動的に過ごす事が大好きなので、外傷には気を付けましょう。

また、垂れ耳ですのでこまめにケアをしてあげることで、外耳炎などにもかかりにくくなります。

できれば屋内で飼育する際、フローリングは腰などへ負担を掛けてしまいますので、マットを敷き足場を安定させてあげましょう。

飼い主と共に過ごす事を何よりも喜んでくれますから、積極的にスキンシップをはかってください。寿命は約12年です。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:特になし
たまにみられる病気:特になし
しておきたい検査:特になし
寿命:10〜12歳