アイリッシュ・セッター1

今回は、アイリッシュ・セッターの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

アイリッシュ・セッターの歴史

セッター種の中でも一番古くからの起源を誇るアイリッシュ・セッターは、1700年代頃のアイルランドを原産としています。

漁師たちが狩りをする際連れて歩くため、初期の毛色は遠目からでも判断しやすい赤や白などだったようですが、1900年代に入るまでに幾度か交配されて、現在の輝く赤毛がメインの姿に落ち着いたようです。

狩猟犬としての賢さは、ショードッグでの高い成績を獲得する頭脳にも通じており、家庭犬としての需要もあっという間に世界中で広まりました。

見た目の華やかさも人気の理由の一つなんですよ。

アイリッシュ・セッターの特徴や性格は?

アイリッシュ・セッター2
原産地 アイルランド
起源 18世紀
元来の役割 鳥獣回収犬
現在の役割 ポインティング(獲物を指し示すこと)、ポインティング系競技
体高(雄)インチ(cm) 27(69)
体重(雄)ポンド(kg) 70(32)
体高(雌)インチ(cm) 25(64)
体重(雌)ポンド(kg) 60(27)

アイリッシュ・セッターの特徴

アイリッシュ・セッターは一度見ただけで、その優雅な存在感に好感を抱く人が多いのではないでしょうか。

耳をはじめ全体に明るい赤毛は直毛で、なおかつ長めにふわふわと生えてとても綺麗な容姿をしています。

雄でも30kg前後と痩躯ながら、筋肉質でスマートに駆け回る姿は、ドッグショーなどで存分に魅力を発揮し、常に高い評価を受けています。

また、狩猟犬時代を彷彿とさせるしなやかな体つきは、長い後ろ足や長い首筋で全体に引き締まっており、安定した素早い走りはつい見惚れてしまう程、無駄のないスマートさを持っています。

アイリッシュ・セッターの性格

アイリッシュ・セッターは活発で元気旺盛、人や周囲に対してとても高い順応性と愛くるしさを持っています。

見た目の気品あふれる姿は幼少期だと大変な可愛らしさも加わり、人気の高さにも頷けます。

体を動かす事、持ち前の社交性を生かして人々と心を通い合わす事など、とても頼もしく快活な気質をもっているため、しっかりと運動をさせてコミュニケーションをとってやり、ストレスフリーな暮らしをさせてあげることが望ましいです。

とくに賢さは群を抜いていますから、飼い主との絆をとても深く捉え、一生の伴侶と呼ぶにふさわしい振る舞いで毎日家庭を温めてくれますよ。

アイリッシュ・セッターの飼い方

まず第一に必要な事は、タフな体をしっかりと動かせる環境です。

アイリッシュ・セッターは体格もよく、機敏で好奇心旺盛ですので一日一時間以上の散歩や遊びを喜びます。

なんせ100km以上の移動を難なくこなせてしまう優れた体格の持ち主ですので、ぜひとも一緒に駆けっこをしたりドッグランで遊ばせたりして、持ち前の運動神経の良さを生かしてあげましょう。

また、温かな環境でしたら屋外での飼育も可能なのですが、基本的には室内で過ごさせることが推奨されているため、室内の広さもある程度必要になってきます。

数日に一度は必ずブラッシング、またはコーミングをしてあげてください。ちょっとした事でも意思の疎通が出来るので、愛情が深まります。

アイリッシュ・セッターの健康面の注意点

アイリッシュ・セッターは歳を重ねるにつれ目の病気、耳の病気などにかかりやすくなる事もありますが、遺伝性の病気のいくつかに股関節形成不全、てんかん、進行性網膜萎縮症などがあります。

前者をはじめ、飼い主が気を付ける事でリスクを下げる事が出来る場合も多いので、毎日よく目をかけてあげていただきたいものです。

幼少期にあまりに活発に運動をさせ過ぎたり、甘やかして食事量を増やしてしまったりと、ちょっとしたことの積み重ねが将来、愛犬の体へと強く影響してきます。

平均寿命はおおよそ13年前後で長寿の犬種となりますから、愛情をもってしつけと共に、毎日の暮らしも見守ってあげたいですね。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気 進行性網膜萎縮症、股関節形成不全、胃捻転、皮膚疾患
気をつけたい病気 てんかん、肥大性骨形成異常
たまにみられる病気 てんかん、血友病
しておきたい検査 進行性網膜萎縮症のDNA検査、関節検査、眼科検査
寿命 12〜14歳
注意 両方の親犬が進行性網膜萎縮症の検査を受けているなら、その病気に対するDNA検査は必要ない。