アイリッシュ・ウォーター・スパニエル1

今回は、アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの歴史

アイルランド生まれのアイリッシュ・ウォーター・スパニエル。

スパニエル種の中でもダントツで古い歴史を持っていて、1800年代中期ごろ、ボーツ・ワインという繁殖を進めていた男性が生み出したという説が有ります。

それまでの祖先にあたるウォーター・スパニエル種がペルシャ生まれの犬から次第に進化していき、結果的にアイルランドへ持ち込まれたとも言われていますが正確な起源は不明です。

ウォーターと名前に表示されている通り耐水性の毛を持っているため、水鳥を捕まえる際の狩猟用にと連れられ活躍したそうです。

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴や性格は?

アイリッシュ・ウォーター・スパニエル2
原産地 アイルランド
起源 19世紀
元来の役割 水中回収犬
現在の役割 水中回収犬、レトリーバー系のフィールド競技
体高(雄)インチ(cm) 22-24(56-61)
体重(雄)ポンド(kg) 55-65(25-29)
体高(雌)インチ(cm) 21-23(53-58)
体重(雌)ポンド(kg) 45-58(20-26)

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴はなんといってもくるくるモコモコの毛並みでしょう。

目元まで影をつくるほど厚みのある毛は個性的な表情を作り上げ、根元はしっかりとした巻き毛を築いています。

毛のブラウンなどと目の色は似ており、優しい表情をしています。

先祖代々の遺伝が分かりやすく出ているのは、なんといっても尻尾です。
「ラット・テール」のあだ名を持つほど長細く特徴的なため、断尾せずありのままの美しさを保持されています。

耐水性はとても高く、どんなに冷えた水でもへっちゃらなのですが、毛質が原因で次々と汚れや雑草などを絡めてしまうので、定期的なお手入れが必要です。

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの性格

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルはスパニエルの中で唯一、レトリーバーの性質も持ち合わせているので、遊ぶ事が大好きで飛びぬけて賢い頭も持っています。

子犬の頃から元気よく愛敬いっぱいに甘えてくれる性質は、大人になっても変わらないので一緒に遊ぶ時間を大切にしてあげましょう。

最低でも1日1時間は散歩なり、ドッグランで体を動かすようにし、ストレスをなるべく溜め込まないようにしてあげたいですね。

人懐っこく、しかし教わった事は守り通す意思の強さがあり、時には頑固になってしまう面もありますが、心を開いた相手へ深い信頼を抱きます。

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの飼い方

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルは遊ぶ事が大好きな犬種なので、ぜひとも習慣的に毎日の散歩や遊び相手になってあげる事を楽しんで下さい。

慣れていない人には警戒心が大変強く、吠え癖をつけさせないためにもしつけておくことも大切です。

頭が良いので、飲み込みが早いのですが、好奇心旺盛な分集中力を維持する事が難しく、少々飽き症なところがあります。

長い毛からは少々、独特の油臭さがあるので、お風呂へ時折入れたほうがいいかもしれません。何かと毛に巻き付けてしまいがちですから、半月に1度はできればトリミングでケアして貰うといいでしょう。

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの健康面の注意点

遺伝性の病気として、股関節の衝撃や老化で弱ってしまう可能性があります。

日頃から運動をたっぷり楽しませながらも、遊ぶ際の姿勢など注意しておきましょう。

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの寿命は12年前後と言われており、犬の中でも長い方になりますので、尚更普段からどんな変化でも見逃さない事が肝心です。

また、耳が垂れていますから炎症にも気を付けたいですね。

そしてまぶたが眼球の内側へと巻き込まれてしまう「睫毛内反症」も可能性がある為、衛生状態を綺麗に保つよう日々取り入れながら、定期的な検査もお勧めします。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気 股関節形成不全
気をつけたい病気 特になし
たまにみられる病気 特になし
しておきたい検査 股関節検査
寿命 10〜12歳