ケリー・ブルー・テリア1

今回は、ケリー・ブルー・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ケリー・ブルー・テリアの歴史

アイルランド原産であり、国犬として愛されているケリー・ブルー・テリアですが、明確な歴史は分かっていません。

18世紀に入るとドッグショーに参加するようになり、存在が知れ渡ったようです。

それ以前までは害獣から家畜を守る番犬や、狩猟犬、牧羊犬など多くの場面で人々の助けとなっていました。

優れた従順さと扱い辛い性質とのギャップなどで一時は頭数が減ってしまいましたが、改良され次第に注目を集めていき、今では世界中にファンを持つ犬種となっています。

日本国内でも年々愛好家が増えており、多くの人々を魅力しています。

ケリー・ブルー・テリアの特徴や性格は?

ケリー・ブルー・テリア2
原産地:アイルランド
起源:18世紀
元来の役割:ネズミ捕り、アナグマ、キツネ狩り
現在の役割:ネズミ捕り
体高(雄)インチ(cm):18-19.5(46-49.5)
体重(雄)ポンド(kg):33-40(15-18)
体高(雌)インチ(cm):17.5-19(44.5-48)
体重(雌)ポンド(kg):<33-40(15-18)

ケリー・ブルー・テリアの特徴

強いウェーブがかった体毛はブルーカラーのみで、定期的なケアが必要です。

顔や四肢に飾り毛が密生していて、触り心地はとても柔らかです。

丈夫な骨格をしており、長い四肢で躍動的に動き回ります。

バランスのよい体格は存在感がしっかりとあり、立ち姿の美しさには目を見張るものがあります。

ケリー・ブルー・テリアの体高は48㎝前後、体重は18kg前後なので、運動する際たいへん安定した動きを見せてくれます。

垂れ耳や垂れ尾が愛らしく、琥珀色のつぶらな瞳からも表情の凛々しさが感じられ、堂々とした容姿をしています。

ケリー・ブルー・テリアの性格

テリアの中でも気分屋でわがままな面があり、猫のような犬といっても良いかもしれません。

飼い主やその家族など、信頼関係を結べる相手には心から忠誠心を抱き、愛想よく振る舞ってくれます。

しかしそのほかの場面では警戒心を強く持っているため、番犬としてたいへん役立ってくれます。

また、吠え癖のある個体も多く、住環境によってはしつけが必要です。

ケリー・ブルー・テリアは頭が良く、教えた事を短期間で理解してくれます。

家庭内では穏やかに過ごせるため、伴侶犬としても優秀です。

ケリー・ブルー・テリアの飼い方

運動量が多く必要な犬種なので、散歩は最低1時間ほど毎日行ってください。

飼い主と一緒に遊べるゲームもとても好みますから、家庭内でも出来る遊びを考えてあげましょう。

ケリー・ブルー・テリアの飼育は屋内が断然お勧めです。

見慣れない人と会わせる際は、一緒に遊べる様に取り計らってあげると、早く馴染んでくれます。美しいシルエットをキープするために、定期的に体毛のコーミングやトリミングへ連れて行ってあげてください。

暑さに弱いので、夏場の温度管理は徹底しましょう。

短気で気難しい面もありますが、性格を理解してあげることで、更に信頼が深まります。

ケリー・ブルー・テリアの健康面の注意点

特有の遺伝病をもっている可能性があり、進行性神経疾患(ケリー・ブルー・テリア・アビオトロフィー)や股関節形成不全が考えられます。

また、成長するにつれて起こりうる病気ですと、白内障、二重睫毛、ガンなどが挙げられます。かかりやすい病気が多くある犬種ではありますが、定期的な検査を受けることで改善されたり、予防できる場合もあります。

また、運動を楽しませてあげたり、一緒に遊ぶ時間を毎日作ってあげたり、ストレスのない暮らし作りを心掛けましょう。

ケリー・ブルー・テリアの寿命は13歳前後といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:進行性神経疾患(ケリー・ブルー・テリア・アビオトロフィー)、小脳失調症
気をつけたい病気:白内障、眼瞼内反症、乾性角結膜炎、狭窄眼瞼のための二重睫毛、股関節形成不全
たまにみられる病気:特になし
しておきたい検査:眼科検査、股関節検査
寿命:12〜15歳