クバーズ1

今回は、クバーズの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

クバーズの歴史

原産国はチベットです。ハンガリーとの説もありますが、はじめはチベットで生まれ、その後ハンガリーへ輸入されたといわれています。

クバーズは15世紀頃には存在されていたとする古い犬種であり、王族から高い評価を得て傍に仕えていました。

警護犬や狩猟犬として十分な素質を発揮していましたが、一般的にも飼育する人々が増加し、牧羊犬や番犬としても活躍してきたようです。

幾度も戦争に巻き込まれ一時は頭数が減少してしまいましたが、その後クバーズはドイツやアメリカへと広まっていきました。

クバーズの特徴や性格は?

クバーズ2
原産地:ハンガリー
起源:中世
元来の役割:家畜の番犬、大型動物の狩猟
現在の役割:羊の番犬、防衛犬
体高(雄)インチ(cm):28-30(71-76)
体重(雄)ポンド(kg):100-115(45-52)
体高(雌)インチ(cm):26-28(66-71)
体重(雌)ポンド(kg):70-90(32-41)

クバーズの特徴

クバーズは胴体が少々長く、筋肉質な体をしています。

体高は71㎝前後、体重は40kg台と一見どっしりとした体型に感じられますが、機敏な歩調や身のこなしの軽やかさから、数字以上にスリムな印象を与えます。

黒目がちな瞳や垂れた尾や耳が柔らかな表情を作っており、その姿同様家庭内では聞き分けよく穏やかに過ごす事が出来ます。体毛はややウェーブがかかっており、綺麗なホワイトカラーです。

飼い主には従順ですが明確な主従関係に馴染んできた背景があることから、初心者にはあまり向きません。

クバーズの性格

飼い主への信頼を強く持つクバーズは、少々神経質な面があり、慎重に接する傾向にあります。

家庭内において小さな子供と接する事も上手くできますし、優しく見守ってくれる上に責任感もしっかりと働くようになります。

多頭飼いや他の動物とも馴染んでくると問題なく共存することができますが、しつけをその都度しっかりと行いましょう。

感情をあまり表面に出すことはありませんが、感受性も豊かで信頼している人や物事に対して、強く愛情を抱く犬種ですので、飼い主側からもたっぷりと愛情表現をしてあげてください。

クバーズの飼い方

一日の運動量が多めに必要な大型犬ですので、毎日散歩や遊びを欠かさず行いましょう。

散歩は最低1時間、または一緒にジョギングなども喜び従ってくれます。

屋内、屋外共に飼育に向いていますが独立心旺盛なため、頑丈なフェンスを取りつけるなどして近隣へ逃亡しないように気を付けてください。

骨格の関係から、足場の悪い場所は避けた方が良いでしょう。週に1、2回のブラッシングを行い、3、4か月に一度はトリミングへ連れて行ってあげて下さい。

クバーズは暑さに弱いので、温度管理にも気を配ってあげてください。

クバーズの健康面の注意点

クバーズの遺伝性疾患には離断性骨軟骨症や股関節形成不全が見受けられます。

また、成長していく過程において肥大性骨形成異常をわずらう可能性もあるので、定期的に検査を受ける事をお勧めします。

寿命は12年前後です。遺伝性疾患は完治が困難に症状ですが、かかりつけの動物病院との連携を強めたり、飼い主自身が知識をつけたりすることが大切です。

また、クバーズは垂れた耳をしているため、外耳炎などの炎症を予防できるように定期的なケアをしてあげましょう。

日頃から些細な事でも注意深く観察することが、ゆくゆく予防へと繋がります。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:股関節形成不全、離断性骨軟骨症
気をつけたい病気:特になし
たまにみられる病気:肥大性骨形成異常
しておきたい検査:股関節検査
寿命:9〜12歳