ノーフォーク・テリア1

今回は、ノーフォーク・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ノーフォーク・テリアの歴史

ノーフォーク・テリアはイギリスを原産国とする犬種で、ノーリッチ・テリアとしばしば混同されます。

以前は1つの犬種と考えられてきましたが、現在では耳のタイプによって見分けられるようになりました。

元々は農村で暮らす人々に飼育され、害獣を狩る使命を持っていました。

狩猟犬として活躍した後、次第に家庭犬としての注目も高まっていき、19世紀に入りドッグショーへ参加することで更なる知名度を高めていきました。

当時は繁殖させる際にノーフォーク・テリアとノーリッチ・テリアの生み分けが難しいと考えられていましたが、現在では同じ耳の個体同士を交配させることで、着実に頭数を増やしています。

ノーフォーク・テリアの特徴や性格は?

ノーフォーク・テリア2
原産地:イギリス(イングランド)
起源:19世紀
元来の役割:ネズミ捕り、キツネを巣穴から追い出すこと
現在の役割:アースドッグ競技
体高(雄)インチ(cm):9-10(23-25)
体重(雄)ポンド(kg):11-12(5-5.4)
体高(雌)インチ(cm):9-10(23-25)
体重(雌)ポンド(kg):11-12(5-5.4)

ノーフォーク・テリアの特徴

体高はおおよそ25㎝、体重はおおよそ5kgと小柄ですが、キツネやネズミの狩猟犬として優れた体格をしています。

体高よりも体長がわずかに長く、がっしりとした骨格をしており、四肢で俊敏に標的を追い掛けることが出来ます。

ノーフォーク・テリアは常に飼い主の指示に従い、どれだけ過酷な天気の中でも高い能力を活かしてくれることから「原野の小悪魔」という愛称もつけられています。

テリア種の中でも小型で、二重構造の体毛はふわふわと柔らかく、ホワイト、タン、ブラウンなど複数のカラーを持っています。

ノーフォーク・テリアの性格

テリア種の性質をしっかりと発揮するノーフォーク・テリアは、元気で勇猛果敢、まさに怖いもの知らずな犬種です。

たった一匹で自分より体格の大きなキツネを仕留めに立ち向かいますし、喧嘩っぱやく興奮すると飼い主の声が聞こえにくくなる事もしばしばあります。

天真爛漫で好奇心旺盛な事から、家庭ではムードメーカーとして人気者になってくれるでしょう。穴を掘ったり吠えたりすることもありますので、しつけはしっかり行いましょう。

家族や他の犬種とも上手く付き合うことが出来、社交的ですのでとても賢い犬種ともいえます。

ノーフォーク・テリアの飼い方

体毛はごわごわと固くゆるやかにウェーブしていますので、1週間に2、3回程度はブラッシングを行ってあげましょう。

また3、4か月に一度トリミングもおすすめします。ノーフォーク・テリアは寒さに弱いですので、飼育の際はぜひ屋内にし、寝床や遊ぶスペースを作ってあげましょう。

毎日1時間程度の散歩やゲームなどを行い、なるだけ飼い主との時間を増やしていく事でよい主従関係を築くことが出来ます。

狩猟犬の背景から、何かを探したり駆け回ったりする事も好きですから、性質をぜひとも活かした遊びも加えてあげて下さい。

ノーフォーク・テリアの健康面の注意点

かかりやすい病気として、ノーフォーク・テリアには膝蓋骨脱臼や肥大性心筋症などが挙げられます。

運動量が少ないかったり不足してしまったりした場合、テリア種の頑固で攻撃的な一面が表れる場合もありますので、毎日定期的にしっかりと運動をさせてあげましょう。

屋内での飼育の際は、体長がやや長いタイプですので、腰や関節に負担をかけることを避け、足元が安全な場所でたくさんスキンシップをはかってあげて下さい。

ノーフォーク・テリアの寿命は約15年と長寿に入りますので、健康に過ごして貰うためにも気になる点がありましたら早めに動物病院で受診させてあげましょう。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:膝蓋骨脱臼
たまにみられる病気:肥大性心筋症
しておきたい検査:心臓機能検査、膝関節検査
寿命:13〜15歳