ノーリッチ・テリア1

今回は、ノーリッチ・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ノーリッチ・テリアの歴史

ノーリッチ・テリアはイギリスのノーフォーク州ノーリッチで生み出された犬種です。

18世紀後期、ケンブリッジ大学で小型のテリアの飼育が流行しました。

当時は学校近くの地名に由来した名称「トランピントン・テリア」と呼ばれていたようです。

その中でもネズミ狩りに長けたラグズという人気者が生まれ、のちにたくさんの子孫を残しました。

子孫の中でとある1匹がアメリカへと輸出され、愛嬌があり社交的で可愛らしい姿から一躍好感度が高まり「ノーリッチ・テリア」として正式に認定されました。

ノーリッチ・テリアの特徴や性格は?

ノーリッチ・テリア2
原産地:イギリス(イングランド)
起源:19世紀
元来の役割:ネズミ捕り、キツネを巣穴から追い出すこと
現在の役割:アースドッグ競技
体高(雄)インチ(cm):10(25)
体重(雄)ポンド(kg):12(5)
体高(雌)インチ(cm):10(25)
体重(雌)ポンド(kg):12(5)

ノーリッチ・テリアの特徴

小柄な体格でとても機敏に動く事が出来ます。

体高は約25㎝、体重は約5kgとされており、コンパクトな体つきをしていますが、作業犬としてとても優れた素質を持っています。

姿勢の良い頭部に対し、地面に並行な胴体は長めで、ぴんと尖った耳や尾をしていることが最大の特徴です。

ノーリッチ・テリアは短足で、キツネの巣穴に潜り込み果敢に戦う力強さも持ち合わせています。

体毛は硬い二重構造をしていて、レッド、グリズル、ブラック&タンなどのカラーをしています。どこかキツネに似た顔つきをしているともいわれています。

ノーリッチ・テリアの性格

テリア種の性質がしっかりと受け継がれていますので、冒険心や好奇心旺盛ですし、活発に駆けたり遊び始めたら時間を忘れて夢中になったりと、元気いっぱいな犬種です。

狩猟犬としての素質も色濃く残っていますので、小動物に対して敏感に反応し追跡したがる傾向があります。

個体差はありますがしつけの飲み込みも良いですから、ノーリッチ・テリアは家庭犬としても番犬としても賢く立ち振る舞ってくれるでしょう。

とても陽気で怖いもの知らずの性格をしていますので、飼い主やその家族の中で素敵なムードメーカーとなってくれます。

ノーリッチ・テリアの飼い方

小型犬ですし、夏場の暑さにとても弱いですので、基本的に飼育は家庭内で行いましょう。

元気いっぱいに動く事を好みますので、庭と行き来できる環境が出来ていますと、ストレスなくすくすくと育っていきます。

散歩時間は1日30分程度ですが、そのほかにドッグランで自由に遊ばせてあげたり、一緒にゲームをしてあげたりすることで、運動不足の解消や信頼関係を深めていくことが出来ます。

ノーリッチ・テリアは突発的な行動に出ることが時折ありますので、リードは必ず繋いだままで行動させましょう。

ノーリッチ・テリアの健康面の注意点

ノーリッチ・テリアの体毛は硬くごわごわとした二重構造をしていますので、1週間に2、3回はブラッシングやコーミングをしてあげましょう。

顔にも密生していますので、食事後などに汚れを拭きとってあげる事で衛生面を綺麗に保てます。

ノーリッチ・テリアは丈夫で健康的な犬種ですが、なかには肥大性心筋症や膝蓋骨脱臼を起こす個体もいますので、注意しましょう。

胴体が長いため運動させる際は足場が安定した場所を選び、関節や腰への負担をできるだけ抑えておくといいかもしれません。寿命は約15年といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:膝蓋骨脱臼
たまにみられる病気:肥大性心筋症
しておきたい検査:心臓機能検査、膝関節検査
寿命:13〜15歳