パピヨン1

今回は、パピヨンの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

パピヨンの歴史

フランスを原産国とする愛玩犬です。

スペイン由来のトイ・スパニエルが祖先であると考えられており、15世紀頃から数々の貴族や王族の元で暮らしていました。

マリー・アントワネットの愛犬としても有名なパピヨンは多くの芸術作品にも姿が記録されています。

当時はリスのような巻き尾が特徴的であった事からリス犬とも呼ばれていましたが、19世紀後期にかけて慎重に交配を重ねられたため、現在の姿へと進化を遂げました。

パピヨンはフランス語で「蝶」を意味し、まるで蝶が羽を開いた様な飾り毛のある立ち耳から命名されました。

現在世界中で大人気の犬種となっています。

パピヨンの特徴や性格は?

パピヨン2
原産地:フランス
起源:16世紀
元来の役割:愛玩犬
現在の役割:愛玩犬
体高(雄)インチ(cm):8-11(20-28)
体重(雄)ポンド(kg):9-10(4-5)
体高(雌)インチ(cm):8-11(20-28)
体重(雌)ポンド(kg):9-10(4-5)

パピヨンの特徴

パピヨンは小型犬で、体高はおおよそ28㎝、体重はおおよそ4kgほどです。

全身の骨格がとても細く華奢ですが、柔らかく絹のような体毛を持っていますので、たいへん優雅な印象を与えます。

とくに耳や胸元の飾り毛は華やかで、多くの愛好家を持つのも頷ける犬種です。

カラ―はブラック&ホワイトやタン&ホワイトなど様々で、丸く大きな瞳をしています。

体毛の厚みはあまりないため、寒さに弱い傾向があります。

胴体がやや長く、か細い四肢でこまやかに歩く姿は上品で知性を感じさせてくれます。

パピヨンの性格

穏やかで人懐こく、人に対してとても愛情深く接してくれます。

従順でしつけの飲み込みもたいへんいいですので、芸を多く教えている方も多くいらっしゃいます。

基本的には温厚で愛嬌もありますが、警戒心も持ち合わせているため、馴染みにくい人や動物に出会うと神経質になる一面もあります。

パピヨンはしつけの内容を直ぐに覚え、長く忘れる事もないため、家庭内で礼儀正しく過ごす事も出来ます。

散歩やドッグランなど不特定多数の人と出会う場合でも、基本的には行儀よくこなすことが出来、多頭飼いにも向いていますし、初心者の方も飼育しやすい犬種です。

パピヨンの飼い方

小型犬ですが毎日一定の運動量は必要となっています。

1日に30分以上の散歩に加え、頭を使い飼い主と一緒に遊べるゲームを行うなど、楽しい刺激を感じさせる事でストレスの少ない快活な暮らしを手助けする事が出来ます。

パピヨンは屋内で飼育をしましょう。とくに秋冬の寒さにはとても弱いので、室内でも服を着せたり様子を見てあげたりして、体調管理に気を付けたいものです。

体毛は1週間に2、3回はブラッシングをしてあげると共に、汚れが無いかチェックし、抜け毛などを取り除いて清潔に保ってあげましょう。

パピヨンの健康面の注意点

体は華奢ですが、基本的にはたいへん丈夫な犬種です。パピヨン独自のかかりやすい病気もありませんが、遺伝性疾患として眼瞼内反症が挙げられます。

そのほか、膝蓋骨脱臼をわずらってしまう可能性もありますので、幼少期から動物病院での検査を行いましょう。また、運動量を毎日しっかりと消化しない場合ストレスが溜まり、神経質さに拍車をかけてしまう可能性があります。

飼い主とのスキンシップもパピヨンには欠かせないものですから、毎日積極的に運動や遊びを一緒

に行うことで、信頼関係を深めていきましょう。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:膝蓋骨脱臼
たまにみられる病気:特になし
しておきたい検査:膝関節検査、眼科検査
寿命:12〜15歳