トイプードル

スタンダードからミディアム、ミニチュア、トイと体の大きさで4種類に分類される人気の犬種「プードル」。

実はなんと、JKCが公表している犬種別犬籍登録頭数で1位を誇るほどの人気です。

そこで今回は、プードルの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

プードルの特徴・性格

  • 名称:プードル(Poodle)
  • 原産地:フランス
  • 寿命:12〜15歳
  • サイズ:種類によって異なる
    スタンダード(大型犬)
    体高:45cm〜60cm
    体重:16kg〜25kg前後
    ミディアム(中型犬)
    体高:38cm〜45cm
    体重:8kg〜15kg前後
    ミニチュア(小型犬)
    体高:28cm〜38cm
    体重:6kg〜6kg前後
    トイ(小型犬)
    体高:〜28cm
    体重:3kg前後
    ティーカップ
    体高:〜25cm
    体重:2kg以下

歴史

プードルはフレンチ・プードル、フランスの国犬とも呼ばれ、原産地はフランスと言われる事が多いですが、実際には世界中の多くの地域で古くからその存在が確認されていました。

犬種名のプードルはドイツ語の「プーデル(水たまり)」が語源で、これは水中で泳ぐさまを表わしている言葉です。
プードルはイギリスでは古くからトリュフ掘りに使用されていたと言われ、プードルが嗅覚によってトリュフを発見すると、仕事仲間のダックスフンドがそれを掘り出していました。
当時トリュフ掘りは犬に与えられた重要な仕事で、プードルのこの特技はスペインやドイツにも輸出されました。
夜間のトリュフ掘りでも犬の居所が分かるよう、ホワイトのプードルが作出されたとも言われています。

しかし、トリュフ掘りに使われた小型のプードルに限っては、水に入る事を恐れたとの記録があるようです。

フランスの貴族たちから人気を集め、遂にはフランスの国犬とまでなりました。

現在、プードルは4つのサイズに分類され、大きいものからスタンダード・プードル、ミディアム・プードル、ミニチュア・プードル、トイ・プードルと呼ばれます。

中でも、トイ・プードルは近年爆発的な人気を誇り、毎年人気犬種ランキングの上位をキープしています。

一時期はシルバー色のプードルが流行り、その後はブラックの人気が続いていましたが、近年日本では「テディベアカット」と呼ばれるカットスタイルが流行し、このスタイルが似合う茶系統の被毛色のプードルに人気が集中したことで、他の色の数倍もの値段で取り引きされています。

特徴

プードルはバランスのとれた正方形に近い体型のもち主で、適度に力強い筋肉をもっています。
気品の漂う容姿は、慣例のクリップによって、より洗練された美しさが表現されています。

また、頭蓋は適度に丸く、頬骨と頬の筋肉は平ら、鼻吻部はまっすぐで長く、目の下にはわずかな彫りが見られ、唇は引き締まっています。
目はアーモンド型で、適度に離れています。

さらに、豊富な飾り毛に隠れた耳は肉厚で、長くまた幅広く、付け根は目の高さかそれよりやや低めで垂れています。

堂々とした身のこなしと優雅な容姿を持ち合わせ、バネのような軽やかな動きをしています。
水辺で猟師が打ち落とした鳥を回収するために使われていたので、体の構造はその時の役割を反映した造りとなっています。

被毛はクルクルとカールしており、粗く、密集しています。
伝統的な被毛の刈り込み方は、狩りでの機能を重視し、胸と関節を保護するために編み出されたものです。

性格

さて、プードルは非常に賢く、飼いやすい犬種といえます。
しつけや訓練も楽しみながら、教えられたことを積極的に吸収していきます。

従順で忠実。
飼い主の家族にもよくなつき、来客に対する態度は、愛想も振りまかないが威嚇することもありません。
ほかの犬に対しても寛容で、トラブルを起こすようなこともまずないでしょう。
ただし、利口な分だけいたずらも好きな面もあるので、その点には注意が必要です。

活発で散歩好きで、訓練が行き届いていれば、広場でリードを外しても、どこかにいってしまうようなことはなく、呼べばきちんと戻ってきてくれます。

また、プードルはとても利口で飼主の言うことをよく聞きます。
数多くいる犬種の中でももっともしつけのしやすいと犬種と言えるでしょう。

さらに、プードルは自立心が強く、思考力にも長けています。
飼い主に対しては愛情深く、いつも飼い主を喜ばせようとします。
しかし、知能が高い故に人が言いなりになり易く、気付いたら咬み犬になっていたという事もあるので注意が必要です。

プードルの飼い方

さて、プードルは比較的硬い巻き毛が豊富に密生しているため、日頃から入念な手入れが必要です。

プードル特有の優美な姿を維持するためには、月1回程度のトリミングが必要となりますが、家庭犬の場合は短い刈り込みにしておいた方が手入れは楽です。

また、固い巻き毛がもつれやすいので、日常的にブラッシングとコーミングを丁寧におこなう必要があります。
この時、クリップで露出した皮膚を傷めないように十分注意してください。
※白い毛は涙やけしないようにマメに拭きましょう。

しかし、プードルは犬の中で最も抜け毛や皮膚病などが少ないのも特徴です。
ツメは常に短く保ち、週に1度は歯ブラシで歯を磨き、綿棒などで耳掃除するなど、被毛の管理以外の手入れも必要となってきます。

また、プードルには人との交流が欠かせません。
毎日知的な遊びを取り入れて、肉体的にもたっぷり運動させてやることが大切です。

そのため、軽めの散歩や室内でゲームなどをさせてあげましょう。
庭などに出してもいいですが、屋外で飼えるような犬種ではないので必ず室内で飼ってあげましょう。

健康面の注意点

さて、プードルの運動量としては、室内や庭先での運動だけでも十分ですが、当然散歩に出かけることを好みます。
そのため、できれば1日1回は外に連れ出し、周辺を散歩させてあげたり、安全な場所で自由に運動させてあげると良いでしょう。

さらに、遊び好きで利口なので、一緒に遊べば喜び、辛抱強く教えれば芸を覚えさせることもできます。

また、食事は若犬から成犬であれば、朝夕2回、さらに新鮮な水を常備してください。
エサの内容は、栄養バランスのとれた小型犬用ドライフードで十分です。

嗜好性を加味したい場合は、ドライフードを基本に全体量の2割程度の缶詰フードを混ぜた混合食が手軽で良いでしょう。

もちろん、味が濃い人間の食べものや偏食は、不健康の元になります。

常に健康状態を観察して、下痢や肥満の兆候がみられたら、すみやかに対処してください。

さらにプードルの場合は、膝蓋骨の脱臼に注意するほか、遺伝的な眼病などにも気を配るようにしてください。
ちなみに、トイプードルは活動的ですが足が細く華奢なので、骨折には注意が必要です。

気をつけたい病気

  • 皮膚疾患
  • 膝蓋骨脱臼
  • てんかん
  • 白内障
  • 停留睾丸
  • 眼瞼内反症