シー・ズー1

今回は、シー・ズーの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

シー・ズーの歴史

シー・ズーの名前の由来は「獅子狗」(シー・ズー・コウ)から名づけられたとされ、中国の清朝時代に王室で飼われていたとされています。

おおもとはチベットで生まれたといわれており、その当時高貴な犬として大切に扱われてきました。

その独特で可愛らしい姿から、愛玩犬として高位にある人々に飼育されてきましたが、イギリス側が攻め行った戦火の中で多くの頭数を失っています。

シー・ズーはその後、人気が回復すると共に世界中へと広まっていき、現在ではもっとも人気のある小型犬の一つとなっています。

シー・ズーの特徴や性格は?

シー・ズー2
原産地:中国
起源:19世紀
元来の役割:愛玩犬
現在の役割:愛玩犬
体高(雄)インチ(cm):8-11(20-28)
体重(雄)ポンド(kg):9-16(4-7)
体高(雌)インチ(cm):8-11(20-28)
体重(雌)ポンド(kg):9-16(4-7)

シーズーの特徴

体高は25㎝前後、体重は6kg前後と小型犬です。体長は長めで、大変可愛らしい容姿をしています。

体毛は全体的に長く、顔回りの跳ねたような毛が菊の花に見えるため「クリサンセマム・ドッグ」と呼ぶ事もあります。

毛色はブラック&ホワイトが主流ですが、色は断定されていません。元々チベットの寒い気候の中で過ごしてきた犬種の血筋を引いているため、全体的にボリュームがあり、上毛は長く艶やかです。

シー・ズーの立ち振る舞いや歩く姿は優雅で可愛らしく、いつまで眺めていても飽きない愛嬌を兼ね揃えています。

シー・ズーの性格

シー・ズーは昔から人々と共に暮らしてきた背景があるため、幼い子供から高齢者まで、幅広い人々に物おじせず積極的に関わる事の出来る犬種です。

基本的には忠実なのですが、時折癇癪を起こしたり、頑固になって飼い主の意見でも聞き入れない性質があります。

ある程度はしつけでカバーされますので、日々節度ある態度で向き合いましょう。

多頭飼いする際も喜んで受け入れてくれますから、様々な面で適応能力が高いとされています。

とても陽気で元気溢れる犬種ですので、家庭内でも散歩でも活発に振る舞う姿を楽しむ事が出来ます。

シー・ズーの飼い方

シー・ズーは小柄で運動量もあまり必要ではないため、屋内飼育をお勧めします。

散歩は30分前後、屋内での遊びも同時間程度で十分です。

もともと寒冷地で育った祖先をもつ犬種ですので、日本の高温多湿な風土にはあまり馴染みませんが、屋内で環境を整える事で飼育が可能になります。

艶やかで綺麗な体毛はできれば頻繁にブラッシングをし、食事の際や散歩の際に汚れた場合はすぐに取り除いてあげましょう。

毛が抜けにくいので、掃除をしやすい犬種でもあります。

2ヵ月に一度はトリミングを行い、常に清潔に保ってあげて下さい。

シー・ズーの健康面の注意点

顔回りに毛が密生しているため、眼に傷がつきやすく些細な事でも変化があれば動物病院での検査をお勧めします。

白内障になりやすく、また呼吸器や皮膚の弱い犬種でもあります。シー・ズーは暑さにも弱いので、夏場屋外で活動させる場合は過度なストレスがかかり後々体調に表れる可能性もあります。

他に鼻腔狭窄や股関節形成不全など、生まれつきの病気にも注意が必要です。

垂れ耳であるため、外耳炎にかかる場合もありますので、日頃からしっかりとケアをしてあげることが大切です。

シーズーの寿命は14年前後といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:鼻腔狭窄
気をつけたい病気:眼瞼内反症、進行性網膜萎縮症、乾性角結膜炎、股関節形成不全、外耳炎
たまにみられる病気:フォンウィルブランド病
しておきたい検査:眼科検査
寿命:11〜14歳