シルキー・テリア1

今回は、シルキー・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

シルキー・テリアの歴史

シルキー・テリアはオーストラリア原産で、歴史はあまり古くありません。

はじめから愛玩用として慎重に交配され、19世紀末期に生み出されたといわれています。

家庭において丁度良い大きさや美しい毛並みに愛らしい表情などが人気となり、愛好家達にもてはやされてきました。

時には家庭内の小さな害獣を追い払う役目も担ってきましたが、現在でもメインは家庭犬として飼育されています。

日本国内でも現在ブリーダーによって育成されていますが、見掛ける機会はまだまだ少ない知る人ぞ知る犬種となっています。

シルキー・テリアの特徴や性格は?

シルキー・テリア2
原産地:オーストラリア
起源:19世紀後半
元来の役割:愛玩犬、害獣駆除
現在の役割:アースドッグ競技
体高(雄)インチ(cm):9-10(23-25)
体重(雄)ポンド(kg):8-11(4-5)
体高(雌)インチ(cm):9-10(23-25)
体重(雌)ポンド(kg):8-11(4-5)

シルキー・テリアの特徴

体高は25㎝前後、体重は5kg前後とで、片手に抱いて連れて歩く愛好家もいるほど小型です。

シルキー・テリアを生み出すために交配した多くの特徴として、狩猟犬としての性質も残っているため、しなやかな体型に加え俊敏に動き回る事も出来ます。

全体的にロングコートであり、カラーはゴールド&シルバーなど複数の色が組み合わさり、独特の美しさを持ち合わせています。

長めの胴体と短い四肢をしており、歩く姿はとても可愛らしく人気です。

垂れ耳、垂れ尾でどの毛も柔らかく、指通りの良い毛質をしています。

シルキー・テリアの性格

とても活発で屋内でも屋外でも積極的に動くシルキー・テリアですが、飼育の際しつけの飲み込みがやや難しく、また怒ったり感情的になりやすい一面もありますので、中級者以上の方向けな犬種です。

好奇心たっぷりに歩き回り、時折攻撃的になる場合もありますから、しつけの際は都度辛抱強く言い聞かせる事が肝心です。

吠え癖のある個体もいますが、しつける事で緩和されます。

家族へのサービス精神にも溢れており、甘え上手ですがときに頑固な事から、猫のような気質を持っているともいわれています。

シルキー・テリアの飼い方

屋内で穏やかに過ごすよりも、毎日活発に駆け回ることが大好きな犬種です。

シルキー・テリアは運動量も大切なので、毎日30分以上の散歩をこなせるように連れて行ってあげてください。

出来れば足場の安定した庭や屋内で過ごせる様に環境を整え、また、基本的には屋内で飼育しましょう。

時折攻撃的になってしまう場合もありますが、きちんとしつけが行き届いていれば小さな子供の良い遊び相手になってくれます。

シルキー・テリアは飼い主と一緒に遊ぶ事も大好きですので、毎日スキンシップの時間をとって沢山遊んであげて下さい。

シルキー・テリアの健康面の注意点

シルキー・テリアは遺伝性の疾患や気を付けなくてはならない病気がやや多く、気管虚脱、糖尿病、股関節形成不全、椎間板疾患などが挙げられます。

また、いたずら好きで激しい運動量もこなすことができますので、脱臼や関節の怪我など外的要因で負傷する事もあります。

そのほかに、垂れ耳ですので外耳炎にかからないよう日頃から清潔に保ってあげることをお勧めします。

また、動物病院で定期的に関節や耳などの検査を受けることで、病気の早期発見に繋がります。

シルキー・テリアの寿命はおおよそ14年前後といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:椎間板疾患、肘関節形成不全、膝蓋骨脱臼、レッグ・カルベ・ペルテス病
たまにみられる病気:外耳炎
しておきたい検査:肘関節検査、膝関節検査
寿命:11〜14歳