スカイ・テリア1

今回は、スカイ・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

スカイ・テリアの歴史

イギリスのスカイ島原産であるスカイ・テリアは、詳しい歴史背景は分かっていませんが、16世紀頃にはじめて記録されており、しかしそれ以前から狩猟犬として活躍していたようです。

特に古いテリア種としての血統を守り抜いており、昔からの姿を今でも受け継いでいます。

18世紀中期には女王陛下からの寵愛を受け、瞬く間に人々の間で人気が高騰していきました。

その後アメリカへ輸出された際も、ショードッグとして唯一無二の外観や振る舞いから大きな評判を呼び一躍有名な犬種となりました。

現在日本でもごく少数ですが飼育されており、じわじわと人気が広まっています。

スカイ・テリアの特徴や性格は?

スカイ・テリア2
原産地:スコットランド(イギリス)
起源:16世紀
元来の役割:キツネ、カワウソ狩り
現在の役割:アースドッグ競技
体高(雄)インチ(cm):10(25)
体重(雄)ポンド(kg):18-20(8-9)
体高(雌)インチ(cm):9.5(24)
体重(雌)ポンド(kg):18-20(8-9)

スカイ・テリアの特徴

体高は約25㎝、体重は約9kgほどの小柄な体格ですが、全体的にがっしりとした体格をしています。

長い胴体と短い四肢はキツネや野ウサギの狩猟に秀でており、しっかりとした足取りで荒れた島の地形にも順応してきました。

体毛は長く固さがあり、色はブラック、シルバー、ブルーなど様々です。

立ち耳や垂れ耳で分かれていますが品種として差は無く、垂れた尾まで密生した体毛が生えています。

スカイ・テリアは顎がしっかりしていて、力強い骨格も持っている事から、たいへん丈夫な体格を持っているといわれています。

スカイ・テリアの性格

見た目は美麗でたおやかに見えますが、性質は物怖じせず勇敢な犬種です。

狩猟犬としての素質が背景にあるため、一度獲物を断定するとしつこく追い掛け必ず仕留めようとする根性を持ち合わせています。

スカイ・テリアは十分なしつけを行っていれば、屋内では物静かに家族団らんを過ごせるほど落ち着いてくれますので、屋内と屋外でのギャップも人気の一つとなっているようです。

飼い主への忠誠心や愛情を深く抱き、従順に応えてくれますので、しっかりと毎日愛情表現をしてあげることで精神的な落ち着きも見せてくれます。

スカイ・テリアの飼い方

基本的には屋内での飼育を行い、散歩や遊ぶ際は庭や外に連れ出してあげましょう。

屋内でマナーを守り穏やかに過ごす事が出来ますので、柔らかい寝床を用意してあげて下さい。

また、スカイ・テリアは番犬としての素質も十分にあります。

足場のしっかりとした場所で毎日30分ほどの散歩を行うほか、一緒にゲームやボール遊びなどを楽しむと、より信頼が芽生えていきます。

体毛の美しさをキープするために、週に2、3回はブラッシングを行ってください。また、食事や散歩後に汚れやすくなっていますので、こまめにケアをする事で病気の予防にもなります。

スカイ・テリアの健康面の注意点

スカイ・テリアのかかりやすい病気として、胴体が長い骨格をしていますので、抱きあげる際や遊びに連れ出す場合に注意しておかないと、椎間板ヘルニアを患ってしまう可能性があります。

また、胃腸があまり強くないので、食事内容は獣医さんや信頼出来るブリーダーのアドバイスを取り入れるとよいでしょう。

狩猟犬時代の特性として、小動物や気になった物事に敏感に反応し、急に駆け出してしまう場合もありますから、よくよく注意してあげてください。

基本的には丈夫な体を持っていますので、寿命も14年と長寿タイプといわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:椎間板ヘルニア
たまにみられる病気:特になし
しておきたい検査:特になし
寿命:12〜14歳