スムース・フォックス・テリア1

今回は、スムース・フォックス・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

スムース・フォックス・テリアの歴史

スムース・フォックス・テリアはイギリス原産の犬種です。

はっきりとした記録がないのですが、17世紀には誕生していたといわれています。

18世紀頃には既にドッグショーへの参加を果たしており、人々から厚い支持を受けていました。キツネ狩りを行う狩猟犬として活躍していましたが、当時毛色が狩猟の際非常に不利であった事から、現在のホワイトカラーへと変えた事でより人気も高まったようです。

現在じわじわとした人気を得ており、多くは愛好家の手により大切に育成されています。国内にもごく少数の頭数が飼育されています。

スムース・フォックス・テリアの特徴や性格は?

スムース・フォックス・テリア2
原産地:イングランド(イギリス)
起源:18世紀
元来の役割:害獣駆除、キツネ狩り
現在の役割:アースドッグ競技
体高(雄)インチ(cm):15.5(40)
体重(雄)ポンド(kg):17-19(8-9)
体高(雌)インチ(cm):15.5(40)
体重(雌)ポンド(kg):35-50(16-23)

スムース・フォックス・テリアの特徴

スムース・フォックス・テリアは四肢が胴体よりも少々長さを持っており、小さな頭をしたスマートな容姿をしています。

筋肉が短毛の皮膚に映え、よく引き締まった体つきをしています。スムース・フォックス・テリアはボタン耳と垂れ尾をしていますが、多くの場合断尾され、本来よりも短く立った尾が主流です。

優れた体格をしていますので、走力や持久力も並外れたスタミナを持っており、急なペースアップや臨機応変な方向転換も得意です。

体毛はホワイトをベースに、ブラックやタンカラーの毛色が耳や胴体に入表れています。

スムース・フォックス・テリアの性格

飼い主やその家族に対して、たいへん忠実に尽くしてくれます。スムース・フォックス・テリアはテリア種ですので、わんぱくで元気いっぱいに遊ぶ性質があると共に少々頑固で見知らぬ人には攻撃的に振る舞う場合もあります。

そのためしつけを幼少期からおこない、主従関係を明確にしておく必要があります。

運動量を毎日しっかりと消費してあげることで、気性の荒い部分が軽減されますから、一定量の運動を習慣化してあげましょう。

個体差はありますが、吠え癖や穴を掘って様々な探求をしたがる場合もあります。

スムース・フォックス・テリアの飼い方

とても活発で好奇心旺盛な犬種ですから、毎日1時間程度の散歩にくわえて、庭で思いっきり遊ばせたり、飼い主と一緒にゲームに興じたりなど、体を動かす事を第一にしてあげましょう。

そのためスムース・フォックス・テリアの飼育環境は、屋内と庭を行き来できるスペースが必要になります。

寝床など、基本的な生活拠点は屋内をおすすめします。小さい子供や小型の犬種と一緒に暮らす場合は、しっかりとしたしつけが大切になってきます。

週1、2回のブラッシングを行い、ムダ毛を取り除き、常に清潔さを心掛けてあげて下さい。

スムース・フォックス・テリアの健康面の注意点

成長していくうちに、関節炎や皮膚病や白内障など、複数の疾患をおこす可能性があります。

運動量の少なさとストレスの増加が比例傾向にありますので、積極的にスキンシップや運動を心掛ける必要があります。

スムース・フォックス・テリアは基本的に黒目がちな目を持っていますが、まれに青い目の仔犬が生まれる場合があり、その個体は先天的に耳や眼に疾患を持っている可能性があります。

体を動かす量が生涯において多い分、怪我や疾患への配慮は十分に行い、定期的に動物病院での検査をお勧めします。

寿命は約13年といわれています。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:皮膚疾患
気をつけたい病気:二重睫毛、白内障
たまにみられる病気:聴覚障害、膝蓋骨脱臼
しておきたい検査:眼科検査
寿命:10〜13歳