ソフトコーテッド・ウィートン・テリア1

今回は、ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの歴史

アイルランドを原産国とするソフトコーテッド・ウィートン・テリアは、記録こそはっきりと残っていないものの、人々の生活に役立つ作業犬としてたいへん重宝されていたようです。

農業で作物の運搬を行ったり、家畜を守る番犬として活躍したり、様々な面で実績を残し人の暮らしに密接に関わってきました。

19世紀に入り、ドッグショーへと活躍の場を広げると共に犬種の認定と確立が行われ、ゆるやかに他国へと人気が広まっていきました。

現在は知る人ぞ知る犬種ではありますが、安定した頭数が全世界で育成されています。

ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの特徴や性格は?

ソフトコーテッド・ウィートン・テリア2
原産地:アイルランド
起源:18世紀
元来の役割:害獣駆除、牧畜犬、護衛犬
現在の役割:愛玩犬
体高(雄)インチ(cm):18-19(46-48)
体重(雄)ポンド(kg):35-40(16-18)
体高(雌)インチ(cm):17-18(43-46)
体重(雌)ポンド(kg):30-35(14-16)

ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの特徴

体高はおおよそ46㎝、体重は16kgの中型犬です。ソフトコーテッド・ウィートン・テリアのメスはオスよりも体格、体重共に少々小柄となっています。

横から見ると正方形に近い体格をしており、バランスの良い体躯はふわふわとウェーブがかった体毛に覆われ、華やかな雰囲気をまとっています。

歩く際は尾を立ててどっしりとした足取りですが、飼い主に呼ばれると瞬時に反応し元気よく駆けつけてくれます。

仔犬の頃は濃いレッドやマホガニーカラ―ですが、成犬へ近づくにつれて淡く優雅な小麦やブラウン色へと変化していきます。

ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの性格

屋内、屋外共に明るくムードメーカーとして飼い主や家族に元気を与えてくれるような犬種です。

テリア種は好奇心旺盛で頑固な個体も多いのですが、ソフトコーテッド・ウィートン・テリアはまったく異なり、大人しく柔らかい気質を持っています。

時折頑なに我を張ってしまう一面もありますが、基本的には忠実でまっすぐ愛情表現を示してくれる穏やかな性格です。

幼い子供と遊んだり、多頭飼いで仲間が増える環境で積極的にじゃれたりと、活発に振る舞ってくれます。

夢中になると全力疾走してしまう事もありますので、しつけをしっかり行いましょう。

ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの飼い方

毎日ある程度の運動量が必要ですので、1時間程度の散歩の他に、ドッグランで自由に遊ばせてあげると喜びます。

他の犬種とも社交的に付き合うことが出来ますが、力もパワフルですのでリードをしっかりと持ち、飼い主との関係性を明確にしてコントロールしましょう。運動不足に陥ると欠点のある性質が大きく影響してきますので、毎日の運動を習慣化してください。

体毛はあまり抜けませんし、寒さに弱いため、屋内での飼育をお勧めします。

ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの体毛は、絡まったり汚れやすい毛質ですので、毎日でもケアしてあげると衛生的です。

ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの健康面の注意点

気を付けたい疾患として、股関節形成不全が挙げられます。

また、体質的な面でノミアレルギー性皮膚炎や網膜異常形成など、後天的に疾患が起こりやすい犬種です。

とくに皮膚、眼、関節の病気は注意が必要ですので、定期的に検査することをおすすめします。

中にはフォンウィルブランド病にかかる個体もいますから、前もって知識を得ておくと後々役立ちますし、病気の早期発見にも繋がります。

ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの寿命は14歳前後といわれており、日々触れ合う中で気になる事があれば早めに病院へかかりましょう。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:網膜異常形成、アレルギー
たまにみられる病気:進行性網膜萎縮症、股関節形成不全、フォンウィルブランド病
しておきたい検査:血液検査、眼科検査、股関節検査
寿命:12〜14歳