スタッフォードシャー・ブル・テリア1

今回は、スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの歴史

イギリスを原産国とするスタッフォードシャー・ブル・テリアは、19世紀頃に厳選された交配の結果生み出された犬種です。

庶民の間でネズミと戦わせる競技が流行っていましたが、更なる刺激を求め始めた人々が牛や熊など大型動物と戦わせる競技に参加させるため、闘犬として迎え入れました。

実際、人々の期待に応え勇猛果敢に挑み、好成績を残したようです。

しかしその後、闘犬が禁止されるとドッグショーや、番犬、子守犬としても広く支持されていきました。

現在では世界各地に根強い愛好家を持っており、本来の姿として愛情深く穏やかな性質が愛されています。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴や性格は?

スタッフォードシャー・ブル・テリア2
原産地:イングランド(イギリス)
起源:19世紀
元来の役割:ネズミ駆除、闘犬
現在の役割:愛玩犬
体高(雄)インチ(cm):18-19(46-48)
体重(雄)ポンド(kg):35-40(16-18)
体高(雌)インチ(cm):17-18(43-46)
体重(雌)ポンド(kg):30-35(14-16)

スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴

体高は約40㎝、体重は約15kgとずっしりとした頑丈な骨格をしています。全体的に筋肉質であり、大きめの顔や胴体に加え四肢は短くなっています。

重心が低く、俊敏に動く事が出来ますし、とても軽やかな足取りで駆け回る姿は人気があります。体毛は短く、触り心地はなめらかな指通りをしています。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの体毛のカラ―は、レッド、ホワイト&ブリンドル、フォーンなど様々です。

中型犬としてバランスの良い体格をしていますので、スタミナや持久力があり、堂々とした佇まいをしています。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの性格

飼い主にたいへん従順で、夢中で何かに挑んでいても飼い主の指示を的確に聞き入れる判断力を持っています。

人懐っこく社交的で、子守犬という別名が付けられているように、小さな子供や小動物の世話もすすんでやりたがります。

しかし闘犬の名残りから、自分から挑む事はあまりありませんが、犬や人から無礼な態度を取られると攻撃的になるほど独立心や闘争心は並外れたものがあり、初心者には向かない犬種です。

スタッフォードシャー・ブル・テリアは基本的にはとても愛情深い犬種ですので、毎日のコミュニケーションを欠かさず行いましょう。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い方

体力がとてもある犬種ですので、毎日1時間程度の散歩や、飼い主と一緒に体感できるゲームを行う事で信頼関係を深めていく事も出来ます。

スタッフォードシャー・ブル・テリアは場の空気を読み、屋内では物静かに過ごす事が出来、屋外では活発に遊ぶなど臨機応変な対応ができる賢さもあります。

寒さにはとても弱いですので、屋内飼育が良いでしょう。体毛は短く癖もありませんので、手入れの心配はありません。飼い主やその家族、または多頭飼いにも向いています。

自分よりも小さな動物や子供には、何かと世話を焼いてくれる感受性豊かな一面もあります。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの健康面の注意点

スタッフォードシャー・ブル・テリアは遺伝性の病気として、股関節形成不全や口蓋裂を患っている可能性があります。

また、年齢を重ねていくにつれて、白内障や悪性腫瘍などにかかる恐れもあります。

原因ははっきりとは分かっていませんが、愛情不足や運動不足によるストレスによって起こる可能性も考えられるため、日頃からどちらの面でも十分スキンシップをはかってあげましょう。また、闘犬として生み出されたために、少々痛みに対して鈍感な面があります。

少しでも気にかかることがあれば、早めに獣医さんへ相談してみましょう。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:特になし
たまにみられる病気:白内障
しておきたい検査:股関節形成不全
寿命:12〜14歳
注意:痛みににぶいため、問題を見つけにくい傾向がある。