犬 夏バテ

季節問わず1年中元気な犬もいますが、夏になると下痢や嘔吐、食欲不振といった症状が出る子が結構います。

この場合、夏バテしている可能性が高いです。

人間と同じように犬も身体がだるくなってしまうのです。

そこで今回は犬が夏バテになった場合の対処法や、ならないための予防策についてまとめてみました。

犬の夏バテの症状とは?

さて、まずは犬の夏バテの症状について見ていきましょう。

  • ドックフードを食べなくなる
  • 散歩に行きたがらない
  • 動きが鈍く、中々起き上がらない
  • 軟らかい便や下痢などいつもの便と違う
  • 嘔吐して気持ち悪そうにしている

以上のような症状がみられたら夏バテの可能性が非常に高いです。

人間の夏バテのように消化器系に異常が出てくるので分かりやすいと思います。

特に急にエサの食べ方が悪くなった場合は、真っ先に夏バテを疑うのが正しいでしょう。

では次に、夏バテを引き起こした場合の対処方法について見ていきましょう。

犬の夏バテの対処・対策方法とは?

犬 夏対策

食欲不振の症状がある場合の対処法

夏場に犬の食欲が落ちて食事量が減るのは当たり前のことでもあります。

というのも、暑い時期は自ら運動量や食事量をコントロールするのです。

そのため、食べなくても元気なら夏バテの心配はありません。

しかし、全く食べないという場合は問題です。

この場合、普段のドッグフードに味のついていない鶏肉や牛肉を混ぜたり、野菜を細かく切って混ぜて食欲が出るように工夫をし、体力をつけてあげてください。

とはいえ、犬が好む物ばかり与えると、好きな物しか食べなくなるなど甘えが日常化してしまうので気をつけて下さい。

また、夏は水をよく飲むので、水を切らさないように新鮮な水を常に用意しておきましょう。

水分補給の量が減ると、夏バテだけではなく尿路結石などに繋がる危険性もあるので注意してください。

下痢の症状がある場合の対処法

夏の暑い時期は食品管理に気をつけなければ下痢になる可能性があります。

固形フードの場合は、酸化が進まないように1ヶ月で使い切るようにしましょう。

開封後のおやつなどは早く使い切り、保存する際は冷蔵庫で保管するなどしてください。

特に、手作りのフードを与えている場合は調理する手も清潔に保ち、生肉の取扱いには十分に注意して衛生的にしましょう。

また、犬も人間と同じように水をがぶ飲みしたり、冷たい氷水を飲んだりするとお腹を冷やし、下痢になる可能性があります。

こまめな水分補給は大事ですが、がぶ飲みしなくても良いように気をつけて下さい。

もし下痢が続くようなら、1日食事を抜いて様子を見て、病院で下痢止めを処方してもらいましょう。

稀に、ワクチン未接種の犬や仔犬の場合は、病気や犬回虫等の場合もあるので、購入元や獣医師の診断を仰いでください。

嘔吐の症状がある場合の対処法

犬はよく、消化されていない食べ物を吐き出して再び食べることがありますが、食べ物がある程度消化されているようでしたら、胃から戻されたもの、つまり嘔吐である事が分かります。

実は嘔吐も夏の暑い時期に多く見られます。

夏草を食べたことにより、胸焼けを抑えようとして嘔吐する場合もあれば、お腹が空き過ぎて胃液を吐くこともありますし、逆に食べ過ぎでも嘔吐します。

主な原因は食べ物にあり、消化不良であったり、刺激物や毒物中毒でも嘔吐します。

これら嘔吐の症状が見られたら、まずは1日絶食させましょう。

さらに、水もガブガブ飲まないように、半日ほど断ちます。

とはいえ、夏場なので、喉が乾いているようであれば、氷の欠片を舐めさせてください。

これで1日様子を見て、普段通りに戻れば食事を再開させます。

この時、いつもどおりの食事ではなく、脂質が低く、消化の良いものを選び、さらに柔らかくふやかして数回に分けて少しずつ与えるようにしてください。

もし、嘔吐が治まる様子がなければ動物病院で診察を受けてください。

嘔吐の他に下痢や痙攣、発熱などの症状も見られる場合や嘔吐したものに血や異物が混じっていたり、悪臭がする場合はすぐに獣医師の診断を仰いでください。

運動や散歩に気をつけよう!

さて、夏の暑い時期は、散歩に行く時間帯も工夫してあげましょう。

日照りの強い日中は極力控え、朝の涼しい時間帯や夕暮れ時に散歩する事で夏バテを防ぐことができるでしょう。

また、夕暮れ時はアスファルトの温度がまだ高い可能性があるので、手で温度を確認するなど、犬の足に気を使ってあげてください。

さらに、毛の短い犬種お場合は直射日光を浴びてしまうので、薄い服を着せて散歩させた方が良いかも知れません。

散歩の後には、室内などの涼しい場所で休ませてしっかりと水分補給させてくださいね。

熱中症には気をつけて!

犬 熱中症

さて、ここまで夏バテの対処・対策方法について説明しましたが、暑い夏はさらに熱中症の危険性もあります。

熱中症になると嘔吐や下痢以外に、高熱が出たり痙攣したり、呼吸困難に陥ってしまう事もあります。

熱中症の症状が見られたら、必ず病院に連れていくようにしてください。

応急処置としては、クーラーを効かせた涼しい場所に移動させ、さらに冷たく濡らしたタオルなどで身体を包んで冷やすと効果的です。

熱中症にならないためにも、まずは夏バテを予防して健康に過ごせるようにしてあげましょう。