サセックス・スパニエル1

今回は、サセックス・スパニエルの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

サセックス・スパニエルの歴史

サセックス・スパニエルは回収犬の歴史を持つイギリス発祥の犬種です。

18世紀から19世紀にかけてA・E・フラーが交配を重ねたのちに生み出したといわれています。

主に、林や藪に潜む鳥たちを探し当て追い立てたり、飼い主が撃ち落した獲物をすぐに発見し回収してくる役割を担っていました。

一時は戦争の影響から頭数は激減し、絶滅も危ぶまれていましたが、ひそかに頭数の増加が行われ現在はある程度の個体数を保っています。

しかし日本国内では見掛ける事ができず、イギリス国内でさえ希少な犬となっています。

サセックス・スパニエルの特徴や性格は?

サセックス・スパニエル2
原産地:イングランド(イギリス)
起源:19世紀
元来の役割:小動物の追跡、鳥類を飛び立たせること
現在の役割:鳥類を飛び立たせること、回収犬
体高(雄)インチ(cm):13-15(33-38)
体重(雄)ポンド(kg):35-45(16-20)
体高(雌)インチ(cm):13-15(33-38)
体重(雌)ポンド(kg):35-45(16-20)

サセックス・スパニエルの特徴

体高は38㎝前後、体重は20kg前後と堂々とした佇まいをしており、全体的に筋肉質でずっしりとした印象を与えます。

短い脚に長い胴体をしているため、回収犬として利点が多く、回収犬としてしっかりと成果を残してきました。

脚にはふわふわとした飾り毛があり、垂れた耳や胸元にはウェーブがかった艶やかな体毛が生えていて、華やかな容姿をしています。

サセックス・スパニエルは少々頭が大きめの骨格をしていますが、全体的にバランスの良い体つきをしています。

ゴールデン・レッドやレバー、ブラックなど様々な毛色をしており、指通りよく綺麗な毛質です。

サセックス・スパニエルの性格

場所によって、物静かに振る舞うべき時や元気に遊んでいい時を察知してくれる、賢い犬種です。

サセックス・スパニエルは飼い主以外にも大らかに対応することができますので、お子さんのいるご家庭や多頭飼いの場合でも、順応していく事が可能です。

時折、吠え癖のある個体もいますが、しつけによって改善される点も多くあります。

落ち着いた大人しい表情をしていますが、飼い主によく甘え、尻尾を振って喜んだり、明るく駆けまわったりと元気いっぱいな犬種です。

サセックス・スパニエルの飼い方

毎日30分~1時間程度の散歩で、十分運動量を消費することができます。

飼い主と共に作業する事が大好きですので、散歩中も回収犬の名残りから好奇心旺盛に探索して歩く事もあります。

基本的には屋内飼育を行ってあげましょう。

サセックス・スパニエルはしつけた事柄を比較的早く覚え、身につけていく事ができますので、家族の中で役割を貰うと家庭内においても喜んで努力してくれるような犬種です。

体毛は週に2、3回はブラッシングをしてあげてください。

3か月に一度のトリミングも必要です。

サセックス・スパニエルの健康面の注意点

多くの犬種がかかりやすい股関節形成不全や、体格的に椎間板ヘルニアを起こす可能性があります。

サセックス・スパニエルは胴体が長い犬種ですので、抱きあげる際はどちらかの掌で必ず腰を支えてあげましょう。

また垂れ耳ですから、外耳炎になってしまう場合もあります。病気に対して予防できる事もありますので、動物病院での定期的な検査に加え、サセックス・スパニエルが住みやすい環境への気配りも心掛けてあげてください。

飼い主にやや依存的な振る舞いをする場合も多いため、常にスキンシップをはかり安心させてあげましょう。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:椎間板疾患、外耳炎
たまにみられる病気:特になし
しておきたい検査:特になし
寿命:12〜14歳