ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル1

今回は、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの歴史

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの原種はスペインから輸出され、10世紀頃イギリスへと渡ってきました。

鳥の回収犬として力を発揮し、人々の暮らしに長く根付いてきました。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルとの比較が、長い間論争の種になっていたのですが、19世紀頃にようやく別の犬種として認められ、現在の地位を確立しています。

その後世界中へと流通していき、アメリカをはじめ多くの国で愛されています。

しかし日本国内での今現在の登録数は0となっていますので、姿を見られる機会はなかなか無いかもしれません。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの特徴や性格は?

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル2
原産地:ウェールズ(イギリス)
起源:17世紀
元来の役割:鳥類を飛び立たせること、回収犬
現在の役割:鳥類を飛び立たせること、回収犬
体高(雄)インチ(cm):18-19(46-48)
体重(雄)ポンド(kg):35-45(16-20)
体高(雌)インチ(cm):17-18(43-46)
体重(雌)ポンド(kg):35-45(16-20)

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの特徴

体高45㎝前後、体重18kg前後の中型犬です。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルは体長がやや長く、頑丈な体つきをしています。全体のバランスがたいへん良く、機敏な動きや賢い頭脳を持つ素質を一目で見受けられます。

毛は全体的にやや長毛で、色味はホワイト&レッドのような二色が基本です。毛先にいくほど少し癖があり、柔らかな印象を与えてくれますしゴージャスな艶があります。

足取りはしっかりとしており、四肢の筋肉の発達からスタミナのある脚力を誇っています。温かみがあり、人懐っこい顔立ちも人気の理由の一つです。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの性格

物事を判断する時も、我慢を強いられている場面でも、落ち着いた態度をとることが出来る優れた犬種です。

運動が大好きですが、その性質の穏やかさから家庭犬としての需要も高く、多頭飼いにも向いています。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルは慣れない物事や人には距離を取って観察する面もあり、飼い主をはじめ信頼関係が生まれた間柄以外では社交性を発揮しませんので、柔軟に受け止めてあげましょう。

しつけの覚えも良く、人懐っこく振る舞ってくれるため、伴侶犬として愛好家の人気が高いようです。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの飼い方

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルは運動が毎日必要な犬種なので、日々1時間以上の運動量を最優先にしてあげましょう。

夢中になって飼い主の指示を聞かない、といった面もありませんので、散歩中も臨機応変なタイプの出来る優秀さが魅力でもあります。

毛はある程度の長さがありますので、週に1、2回はブラッシングがお勧めです。

また、3か月に一度ほどトリミングを行ってあげると美しい毛並みの維持が可能です。

また、温かな場所を好みますので、家族と共に家庭内での飼育をする事が望ましいです。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの健康面の注意点

遺伝性の病気として、股関節形成不全やてんかんが挙げられます。

また、後天的に緑内障や皮膚の炎症、外耳炎などが起こる可能性もありますので、日頃からケアをこまめに欠かさない様にしてください。

飼い主に忠実なため、出された食事をきちんと残さず食べてくれる分、肥満の心配もあります。

こうした面からも、飼い主が毎日目を掛け観察しておく必要があります。

かかりつけの病院へ定期的に診察に連れて行っても大人しく従ってくれます。

穏やかな性格から苦しさを伝える事が苦手な為、飼い主が気を付けてあげる事が大切です。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:股関節形成不全
気をつけたい病気:緑内障、外耳炎、てんかん
たまにみられる病気:白内障
しておきたい検査:股関節検査、眼科検査
寿命:12〜15歳