ウェルシュ・テリア1

今回は、ウェルシュ・テリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ウェルシュ・テリアの歴史

イギリスを原産国とするウェルシュ・テリアは、その昔ウェールズで生まれ育ち、アナグマやキツネ狩りに伴われる狩猟犬として優れた才能を発揮していました。

当時の姿は今に比べると容姿、性格共に野性味あふれる存在であったため、愛好家たちは慎重に交配を繰り返しながら現在の姿へと改良されていきました。

その後ウェルシュ・テリアはドッグショーへと参加を果たし、小柄ながら聞き分けが良く、姿形のバランスの良さから人気が広まり、現在では世界中で愛される犬種となっています。

ウェルシュ・テリアの特徴や性格は?

ウェルシュ・テリア2
原産地:ウェールズ(イギリス)
起源:18世紀
元来の役割:カワウソ狩り、アナグマ狩り、キツネ狩り、ネズミ捕り
現在の役割:アースドッグ競技
体高(雄)インチ(cm):18-19(46-18)
体重(雄)ポンド(kg):35-40(16-18)
体高(雌)インチ(cm):17-18(43-46)
体重(雌)ポンド(kg):30-35(14-16)

ウェルシュ・テリアの特徴

体高44㎝前後、体重13kg前後の体つきはがっしりとしていて、特徴的な骨格をしています。

ウェルシュ・テリアは長距離走も苦にならない安定した走行ができるため、全体に骨太な印象を与えます。

走る姿はたいへん機敏で、脚力の強さがよく観て取れますし、状況に応じて体力を分配する判断力もあるので、家庭内においても賢く振る舞うことが出来ます。

また、口周りや体の毛質は柔さと硬さの両タイプが混在しており、これも狩猟犬時代の名残を感じさせます。

黒目がちな瞳は丸く澄み、落ち着いた毛色も多いため穏やかな風情を醸し出しています。

ウェルシュ・テリアの性格

遊び好き、また構って貰いたがりな面もありますが、ウェルシュ・テリアは他のテリア種に比べると断然穏やかな気質を持っているので、家庭内での飼育に向いています。

独立心もあるので状況判断ができ、幼い子供とも慣れるまで割と早い段階で打ち解ける事も出来ます。

ただ、他の犬種や見慣れない物事への反応が過敏になりがちなため、あまり多頭飼いには向きません。

しつけの最中にも遊んで欲しくなる茶目っ気の持ち主ですから、遊びを交えながらしっかりと粘り強くしつけをすると飲み込みも早いでしょう。

ウェルシュ・テリアの飼い方

毎日散歩をこなし、活発に遊べるよう配慮をしてあげてください。

リードがない状態では穴を掘ったり、吠えたり、駆けまわったりと自分のやりたい事に夢中になってしまう傾向があります。

また、散歩中に他の犬種と鉢合わせた際は、警戒心を剥き出しにしてしまう一面もありますので、飼い主がしっかりと普段から主従関係を明らかにし、コントロールする必要があります。

温暖な気候の場合は室外での飼育も可能ですが、室内で飼育をし、庭など気軽に外で遊べる環境づくりが理想です。ウェルシュ・テリアは週に2、3回ブラッシングをしてあげましょう。

トリミングは3ヵ月に一度で十分です。

ウェルシュ・テリアの健康面の注意点

折れた耳はトラブルが起きやすいので、耳の掃除を小さな頃から習慣化してあげましょう。

皮膚や耳の病気など後天的な炎症になりやすく、眼の病気や脱臼などの可能性もあります。

ウェルシュ・テリアは遺伝性の病気自体はほとんど心配ないのですが、のちのち病気を患う可能性が多いので、日々の中で些細な変化でも見逃さず、早め早めに診察を受けさせてあげてください。

口ひげはトレードマークですが食事の後に汚れてしまい易い難点もありますので、雑菌対策としてしっかりとふき取り清潔に保ちましょう。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:皮膚疾患
気をつけたい病気:外耳炎
たまにみられる病気:白内障、膝蓋骨脱臼、二重睫毛
しておきたい検査:眼科検査、膝関節検査
寿命:12〜14歳