ウェスト・ハイランド・ホワイトテリア1

今回は、ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの歴史

スコットランドを原産国とし、19世紀初頭に狩猟犬として活躍していたウエスト・ハイランド・ホワイトテリアは、ウェスティという愛称があり人々に愛されてきました。

もとはキツネなどの害獣を駆逐するために人々と狩りに出ていた勇敢な血筋を引いていますが、容姿の愛くるしさから一般人の間でも瞬く間に家庭犬としてのニーズが増えていき、今日にいたるまで大変人気があります。

テリア種の中でもウェスト・ハイランド・ホワイトテリアはダントツの人気を持っているため、国内でもベスト20入りしている犬種です。

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの特徴や性格は?

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリア2
原産地:スコットランド(イギリス)
起源:19世紀
元来の役割:キツネ、アナグマ、害獣狩猟
現在の役割:アースドッグ競技
体高(雄)インチ(cm):11(28)
体重(雄)ポンド(kg):15-21(7-10)
体高(雌)インチ(cm):10(25)
体重(雌)ポンド(kg):15-21(7-10)

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの特徴

脚が胴体に比べて短く、全体的にコンパクトな小型犬です。

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの体高は38㎝前後、体重は7kg前後と軽量で、人懐こい顔立ちをしています。

ホワイトの毛並みは軽くウェーブしており、顔の毛量も豊かで穏やかな印象を与えます。

狩猟犬時代にはキツネの巣穴へ駆けていき、ごく近くから威嚇をしていた事から歯と顎はたいへん頑丈で、毛並みは体を守ることが出来るように固い質感をしています。

尻尾も少々長さが有り、全体的な愛くるしい姿形からイギリス、アメリカ国内でも常時大人気の犬種です。

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの性格

好奇心豊かで何事もポジティブに楽しむ姿から、癒される方も大勢いらっしゃるでしょう。

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの性格にはかなり個体差があり、子供や他の犬種とも和気あいあいと過ごせる犬もいれば、相手にせず一人遊びに夢中になってしまう場合もありますので、よく見極めてあげた上で強要はせず、お互い住みよい形で過ごす事が大切です。

飼い主には狩猟犬時代の名残から、忠実で従順に振る舞ってくれる面もあるのですが、しつけを隅々まで行っていない場合、警戒や威嚇から吠え癖がついたり、落ち着きがなくなってしまう事もありますので、しっかりと訓練してください。

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの飼い方

しつけの飲み込みが悪い場合もありますが、基本的には明るく人懐っこい犬種です。

教えた事よりも独立心の高さから自分本位になってしまった時には、その都度学ばせる根気強さが必要です。

小型犬ですので家庭内での飼育がお勧めです。家の中でボールや駆けっこなど夢中で遊ぶ姿は可愛らしく、屋内だけの運動でも十分ストレス発散が出来ます。

毛並みの豊かさを保つ為にも週に2、3回のブラッシングと、数か月に一度トリミングをしてあげてください。

多頭飼いも可能ですがウェスト・ハイランド・ホワイトテリアよりも小さな動物とはあまり上手く共存できない場合があるので注意が必要です。

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの健康面の注意点

持病が多い犬種でもあるウェスト・ハイランド・ホワイトテリアの多くは、ヘルニアや頭蓋骨下顎骨骨症を遺伝性の病気として持って生まれてくる可能性があります。

またクラッベ病やディスメトリアなど多くの遺伝性疾患の可能性があるため、引きとった際にはかかりつけの医院を見つけ、お医者様の指示を仰ぎましょう。

他にも皮膚病や歩行困難、発育不全や震えなど、歳を重ねるごとに様々な病気にかかる恐れがあり、合併症になることも少なくないので、飼い主として前もって知識を持ち対処してあげる事が大切です。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:レッグ・ペルテス・パーセス病、頭蓋下顎骨症、アレルギー性皮膚炎
気をつけたい病気:白内障、膝蓋骨脱臼
たまにみられる病気:聴覚障害
しておきたい検査:膝関節検査
寿命:12〜14歳