ウィペット1

今回は、ウィペットの特徴や性格、寿命に飼い方、注意したい病気についてまとめてみました。

ウィペットの歴史

ウィペットはイギリスを原産国とし、グレイ・ハウンドを先祖に持つ犬種です。

17世紀頃に農民たちが改良を重ね、狩猟犬として行動を共にしていました。

ウサギなどが農作物を荒らすために、退治させる目的だったようですが、ウィペットという名前の通り、馬の様な速さで駆ける事が出来たことから、ドッグレースでも活躍の場を増やしたり、戦時中には食料調達を任されたりなど人の目に多く触れるうちに、ドックショーでの人気が高まり貧しい人達の家族の一員から、世界中の愛好家の元へと反映していくようになりました。

ウィペットの特徴や性格は?

ウィペット2
原産地:イングランド(イギリス)
起源:18世紀
元来の役割:レーシング競技、ウサギ狩り
現在の役割:レーシング競技、ルアーコーシング(疑似餌(ルアー)を使った競技)
体高(雄)インチ(cm):19-22(48-56)
体重(雄)ポンド(kg):20-40(9-18)
体高(雌)インチ(cm):18-21(46-53)
体重(雌)ポンド(kg):20-40(9-18)

ウィペットの特徴

体高50㎝前後、体重15kg前後と中型の体格は四肢が長くすらりとして、綺麗な曲線美を兼ね備えています。

ウィペットは犬の中でも、最高のスプリンターと呼ばれるほど優れた脚力を持っており、最高速度は80kmも出ます。

黒目がちな瞳は大きく、垂れた尾と折れた耳、スマートな頭部は小さく顎はしっかりとしています。

短毛ですが色艶ともに美しく、手入れを欠かさずしておくと、優雅さが加わります。

駆けまわることが大好きで、体力もたいへん有りますので、ぜひとも散歩と共に短距離走やジョギングを一緒に楽しんで下さい。

ウィペットの性格

優れた体躯にふさわしい緊張感を常に持っていて、従順かつ警戒心の強い犬種です。

慣れるまで多少時間がかかる場合がありますが、信頼関係が出来上がると愛情深く穏やかに接してくれます。

ウィペットは気分屋な面がないため常に冷静に物事を判断出来るため、しつけの飲み込みは何歳になっても早く学び取ってくれます。

他の動物との共存や、飼い主の家族にも友好的に接するので、多頭飼いや小さな子供との接触もストレスにならず可能です。

屋内では穏やかな性格を発揮してくれますが、野外や広いスペースではしっかり体を動かしたがるので、毎日の運動は欠かさず行ってあげましょう。

ウィペットの飼い方

広く、駆けまわったり遊ぶ楽しみに余裕のある空間が必要です。

暑さに強くないことや、たいへんな寒がりでもあることから屋内飼いが必須です。

また、運動量は散歩を毎日1時間以上行い、それ以外にも短距離走を何度も行うなどして、体を動かす習慣を優先してあげましょう。

ドッグランや散歩中に出くわした別の犬種とも上手く付き合うことが出来るので、安心して飼育できます。

吠え癖もないため、屋内で穏やかに一緒に暮らすことが十分可能です。

ただ、ウィペットは警戒心の強さから伺えるように、精神的にか弱い面があります。

しつけをする際は過度な刺激を避け、丁寧に日々扱うことが大切です。

ウィペットの健康面の注意点

ウィペットは寒さがとても苦手ですので、冬場は寝床を常に温めておく必要があります。

遺伝的な病気は少なく、特徴的な疾患もあまりありませんが、眼や口元の疾患を持ち生まれてくるケースがあります。

また、ウィペットは美しい短毛をしていますが、肌や心が傷つきやすく敏感な特徴がありますので、どんな場合でも穏やかに対応することが求められます。

運動が大好きですから、毎日一定量を消費させなくては、ストレスが溜まり別の病気を引き起こしてしまう可能性もありますので、日頃から注意が必要です。

かかりやすい病気

特に気をつけたい病気:特になし
気をつけたい病気:皮膚疾患
たまにみられる病気:口蓋裂
しておきたい検査:特になし
寿命:12〜15歳
注意:麻酔に敏感。皮膚が傷つきやすい。